ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★ 実は・・・食費をもっと減らす方法はある (けど・・・複雑な思い)





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア


ここの所、本当に家計が苦しくて、
色々と模索している最中です。


参照
★ぶっちゃけ最悪的金銭危機に、
突入しました(画像ありま) 


★何が家計を圧迫してるか



実は・・・
食費をもっと軽減する方法はある

--------------------------------------------------------
半額食材でご飯を作るより
半額お惣菜や弁当を買うほうが食費は安い
--------------------------------------------------------

これは実の所・・・事実でしてね。

戸建てを引っ越した後は息子夫婦と同居していて、
その後の一年後ぐらいに一人暮らしに成りました。

一人暮らしに成ったのは、
今からおよその4年ほど前ですが、
その頃までは、実はパート時間は4時間でした、
一人暮らしに成って、
時間を増やして5時間にしました。
たった1時間増えただけですが、
往復に時間がかかるのと、その他込みで、
前後で計7時間という感じで、
私は凄く疲れてしまいましてね。

当時は毎日、帰宅時に
半額のお惣菜を買ってきて食べてた。
半額のお弁当とか・・・半額の御寿司とか、
半額のおかずを色々と買って食べてました。
(ご飯は炊いたりしていましたが)

その頃の食費は、
月2万円すら超えることなどは絶対なかった。
食費だけなら、毎月1万5000円ぐらいでした。

今じゃ 
その倍近いですよ。

でもね・・・
毎日、弁当とか・・・本当に侘しくてね、
一人暮らしの物悲しさを食事でも痛感してた、

『これじゃ駄目なんじゃないの?』
本当にそう思える感じでした。


食事ぐらいはちゃんと取ることにしよう、
自分でちゃんと作ることにしよう、
作るなら楽しく作ろう、
華やかに作ろう、
楽しく食べよう



そうやって今の食事感じですが、
もちろん半額食材を買っているにも関わらず。
食費は結構掛かって行きます・・・



今は凄く楽しみつつ食事が取れて、
あの頃の複雑な思いは軽減された。


旦那様と別れて暮らすようになって、
さらに息子たちとも別れて暮らすようになって、
あの頃の私は、
心が凍ってた。


食費が増えていったけど。
その代わりに得たものは
凄く大きかったのですよ



半額のお弁当やお惣菜生活なら、
食費は大して掛からない・・・
でも、あんな生活には戻りたくは無いのです。


(´・ω・`)
励みに成ってそうなのでどうぞよろしく。

 

こっちもよろしく
貯金も頑張る ただの貧乏人のひとり事
たまに家計簿とか預金とか支出とか
金銭面はこちらで書いています。
” の ほ ほ ん ” 


▼私のサブブログです、
こちらでも色々とひとりごとを・・・
なんとなくのご飯に雑貨にひとり言
なんとなくのご飯に雑貨にひとり言











今日の

朝昼兼用ご飯です。

★カネテツ野菜フライチーズ乗せ(微笑)

11-28カネテツ野菜天変身


テーブルマットを変えました。
素敵な、テーブルクロスさえ敷けば、
気分はもう北欧

今は
食事内容も色々と楽しみますが、
敷物とか、食器からも・・・
食事は楽しみつつ、
華やかに取りたいなと心がけてます。

人が人として、生きていくために、
楽しんで食事を取る事は、
大事な事だなと痛感しています。



そのおかげで、
私はずいぶん良い方向に変わってまいりました。

最初の頃は、
旦那様は病気で記憶をなくしたとは言え・・・
私たちは旦那様に厄介者と思われ、
一緒に暮らしたくは無いと、
それが苦痛だと言われ、捨てられた気分で、

病気なのに、多少は・・・恨みとか怒りとか、
そんな物が沸いた日も有ったけど、
今では、そんな気持ちも持たなくなり、
ゆっくり病気の回復を待とうと思えるように成れました。

人間にとって、
食事はとても大事だなと実感しました。

今日の食事内容は、
こちらで書いています。

今日も楽しく食事をいただけました、
頑張ってお仕事が出来そうです。

出来たらこっちの応援もよろしくね(微笑)

なんとなくの ご飯に 雑貨に ひとりごと▼
サブブログリンク








ふぅ



(´・ω・`)
励みに成ってそうなのでどうぞよろしく。

 





特別再開


該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽