ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

【 最大の苦悩 3 】 結果的には、新薬の服薬は中止された。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア



最大の苦悩 3

参照
最大の苦悩1

最大の苦悩2

最大の苦悩3



入院して2週間ほど経った頃、
新薬の投与が始まった。


医師は、
本人が病院にも慣れて落ち着いた頃、
新薬の投与を始めますと言った。

医師のほうから、私に、
新薬に馴染むまでは、
面会を控えてほしいという説明もあった。


それまでの通院中に、色々な薬を試してはみたが、
基本的に、糖尿病の病歴があるために厳しかった。


精神薬には色々と制限があり、
特に糖尿病の持病を持っている人には、
服薬規制がたくさん有ったのだ・・・


糖尿病さえなければ、
今は色々な薬が多種多様にあるので、
その中にはきっと合う薬が見つかったはずなのに、
限られた薬の中で対応するしかないのは、
かなりのマイナス面だったんだろうなというのは、
すごくよく理解できました。


とにかく、服薬の嫌いな人でした。
ちゃんと医師の言うとおりに服薬をするのか、
私が居なくても大丈夫だろうか、
多くの心配が有りましたが、
医師に全てをゆだねるしかなかった。


記憶では、新薬が始まってからは
3週間程度は面会出来なかったと思います。

その間、週2回程度の訪問で、
着替えだけは持っていっていました。
面会は出来ないけど、
様子をちゃんとその病院は行くたびに教えてくれます。

家族へのケアも、ちゃんとしていました。
それを聞きたくて、病院には赴いていました。

話を毎回聞くたびに、
何かしらの問題は起こっていたようで・・・

新薬がどうしても合わない。
本人が飲むのを何度も拒否して
暴れた事も数回あったそうです。

暴れると、特殊な部屋に入れられます。
いわゆる監禁室です。


どんな部屋かも、前もって案内され
教えてもらって知っていますが・・・

精神科の病院を知らない人のイメージ的には、
牢獄のようなイメージを持つかも知れませんが、
全く違います。

詰め所の真横に隣接された、
詰め所から全てを見る事の出来る、
ガラス張りの割と広い空間で、窓も大きく明るく、
暗い雰囲気は全く無い普通の綺麗な部屋です。

ただし、ガラス張りのために全てを監視されます。



あの人は、新薬の服薬がとても苦痛だと訴え、
激しく暴れて何度もあの部屋に入れられたそうで、

かなり、
ガタイの大きな人でしてね、たくましい人でしたので、

あの人を、抑えるには
多分大の大人の男性が2~3人は必要でしょう、
精神科の看護師には、
男性の比率が高い理由も納得できます。


とにかく、
入院してからの新薬は失敗でした。
医師も、さじを投げかけました。
(そんな発言もぽろっと私に言ったほどです)



でも
副作用は激しかったのだけど、
薬は間違いなく、効いていたと思うのですよね。

面会が許されたのは、
最初に聞いたとおりおよそ3週間後。

久々のおよそ3週間ぶりに会った旦那様は・・・
私の目からは本当に普通だったのですが、
話をするあの人も、確かに間違いなく違って居ました。

その頃になると、
妄想と現実の境目のどっちなのか、
わからないような話を一切しなかった。

新薬が合わない事、副作用がきついこと・・・
それがとても辛い事、
入院は、もうこりごりだと告げたこと、
そして私に、家に帰りたいと言った。

その話の内容は全て普通の話で、
副作用が半端無いけど、
確かに薬は効果をあげていたと私は思うのです。

でもあの人は、服薬を中止した。


今の時代の病院制度と言うのは、
全ての事柄に、本人の同意が必要で、
医師は、
本人の同意を無視してそれを強行できないのだ。

精神疾患者にも人権があり、
入院に関しても、服薬に関しても
全て、本人の同意が必要だった。



家族の私にしたら、

回復に向かっているかもしれないのに、
本人が副作用の辛さを訴えたとはいえ、
服薬を止める事に同意しないで欲しいと願う気持ちと、

回復に向かっているかもしれなくても、
そんなに辛い薬なら、やめてほしいと願う気持ちと、

両方・・・ 

この複雑な気持ちは、
家族で無いと解らないと思う。


そして、
結果的には、新薬の服薬は中止された。






(´・ω・`)
励みに成ってそうなのでどうぞよろしく。

 

こっちもよろしく
貯金も頑張る ただの貧乏人のひとり事
たまに家計簿とか預金とか支出とか
金銭面はこちらで書いています。
” の ほ ほ ん ” 

こちらでも色々とひとりごとを・・・
なんとなくのご飯に雑貨にひとり言
なんとなくのご飯に雑貨にひとり言





該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽