ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

『 人 の 不 幸 は 蜜 の 味 』 その2 ターゲット*自分達編





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

仕事前のブログです。


やはりこのブログは稼げないブログだけど、

書くのは凄く楽しいので、
ついつい色々書いてしまう。

たぶん過去に、
一人で抱えてきた色々な問題を、
こうやって文章にしてしまうのは、

ストレスの発散的な、
そんな風味が有るのかも知れない。




『 人 の 不 幸 は 蜜 の 味 』
その2 ターゲット*自分達編

子供はまだ中学~高校~大学と、
多感でもある時期だったし、色々話せなかった。
でも大学頃には、家庭内の異変を理解して、
父親の異変を、自分でネットで調べて、
色々と、私を支えてくれた。
でももうその頃は、手遅れだった。


同居の旦那の母親自体も、痴呆者だったので論外。
旦那の姉二人は遺産分割後、縁を切ってきた。
私の両親は、遠い地に住んでいて、
心配させたくなかったし愚痴をこぼす程度だった。
私には姉と弟がいるが、同じく遠くにいて、
おなじく愚痴を聞いてもらう程度だった。


実質的に、私には、何が起こっても、
協力してもらえそうな人は、皆無だった。

家庭内の出来事は異質すぎて、
人に話せるような物ではなく。


結果として知人系の誰にも相談できなかった。


でも旦那の異変は、
中期~後期に入ると、
大声を上げて外に飛び出したり、
家の中でも叫び声をあげたり、怒鳴ったり、
近所の人にも、異変が手に取るように解るようになり、




『 人 の 不 幸 は 蜜 の 味 』 


このターゲットは、確実に私達になった。




外で出会うことがあると、

「 ねえねえ 」

近所の人に・・・

興味津々の目の輝きを放つ人達に、
(*興味深々=x)
良く呼び止められた。


聞いたところで、
貴方達には、何も出来ないだろう。
どうにもならないだろう


そっとして欲しいと願ったが、
人のそういう感情は、私達を無視して、
襲ってくる。




人間の感情って、
時に、悲しいほどに、酷である。


該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽