ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

大事な事は二度 【男性の更年期障害は本当に怖い】





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

仕事前のブログです。

とりあえず大事な事は二度言う風味です。



(参照*http://kounenki.tn-73.com/)
●男性にも更年期障害がある

●男性の更年期障害「うつ病」


(一部抜粋ー続きはサイトで見てください)
もともと男らしい体格の男性が女性化すると、
見た目以外に精神的にも大きなダメージが現れます。
気力がなくなれば体力が機能しない、つまり、
不安や苛立ちが集中力や忍耐力を損ない、
しいては「うつ病」(感情障害)が出現し、
頑張れなくなってしまいます。
このような状態になると真面目な人ほど過去の自分と
今の自分を比較してしまい、「なまけもの」に
なったと自分を責めるようになります。
(参照*http://kounenki.tn-73.com/)



「うつ症状」を軽くあしらってしまうと、

本当に取り返しの付かないことになる。



旦那はたぶん、
最初は間違いなくこれだったと思うのです。



ただの うつ症状は、適切な対処をしなかったり、
放置しておくと・・・年月を掛けて、
統合失調症様になっていき、
精神と脳内を、少し少し破壊していくのか。
記憶障害を併発してしまう事も!

(参照*リンク wikipedia)
記憶障害

記憶障害は、
うつ病や統合失調症などの
心因性である場合もある
。(抜粋)





旦那は・・・40歳頃から不安定に成ったみたいで、

その後、色々有りまして、(過去ブログ参照)

軽度の「うつ症状」ですね、と言われ・・・その後、

旦那の記憶障害が出始めたのは、

そんなに、おそい段階じゃないのですよ、




うつ症状から・・・
最悪の病院に当たったために、
(過去記事参照)

およそ10ヶ月間、
適切な治療や対処を行わなかったために、
統合失調症様の症状が急激に現れ、


大規模の精神専門病院に駆け込んだときは。

「何故こんなに成るまで放置しておいた」
そういわれました。


その時点ですでに、
過去の記憶があいまいな部分が在りました。


脳内は未開の地、
普通では考えられないことが、
何かをきっかけに歪み始めるのでしょうか、


そして少し少し・・・
脳の機能を犯してしまうのか。
本当に、少し少しでした。


その後も・・・
日々の積み重ねで、
記憶喪失部分が、
少し少し増えて行ってそうです。



消えた記憶を、思い出すことも有るのでしょうか?

いいえ、発病したと思われる日から、

もう15年ほどになるかなと思うけど、

そんな兆しは無さそうですよ。

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽