ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★頼りたくない早く死んでと願われたくない





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

なんか変なタイトルになったけど
仕事に行く前に、
読んでいたブログが頭にずっと残っていてね、
なんで私と同じ世代の人なのに、
子供に頼ろうと思うのか、
今の歳の私にはまだわからない。

なんで子供は親の世話をするのが
当たり前と思うのか、
今の歳の私にはまだわからない。

考え方の違いだと思う

地獄のような
老人の介護生活を送ったことが無い人には
解らないだろうと思うけど、
私はあんな思いを
人にさせたいとか絶対に思えない。

人に頼る気持ちがあると、
崩れていくのは早い気がする

旦那様の母親は、
私が旦那様と結婚した時からずっと
他力本願主義だった、

事あるごとに、
「老後の面倒はよろしくね」といってた。
引き取って同居して安心したのか、
その後約3年でボケた
当たり前かもとも思えた

今まで自分で作っていたはずの食事も、
同居することになって全く作らなくなった。
全ての家事を私に押し付けて何もしなくなった。
まだ当時は70歳過ぎぐらいだったのに、
本当に何もしなくなった

あっという間
にすぐに地獄は訪れた、
一回ボケ始めると
一気にそれは加速していきます。

私はまだ30歳台の後半だった
日常の平穏が全て奪われ、私の仕事も奪われ、
「お願いだから早く死んでください」って
願わない方がおかしいぐらいの約10年間

あなたは息子に、そしてその嫁に
「早く死んで」と 願われたい?

私は早くから子を頼らない方が
良い気がして成りません。

自分は絶対ボケない一人でも大丈夫、
そんな気力みたいな物が
人には、絶対必要だと私は思います

そんな気力を持って生きて尚、
病とかに犯された時は
仕方が無いと諦めるしかないけど、
そうならない為に、
自分ができる事はしておきたい物です。


子供が親の面倒を見るのは、
当たり前の事じゃない時代だと私は思います。

私は息子の世話にだけは
絶対なりたくないなぁ・・・
息子に嫌な思いをさせるなんて絶対したくない。


ランキングに参加しています
応援して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 

Sponsored Link






今夜のご飯
も冷凍庫と冷蔵庫の整理

ダイソー品をフル活用な夕飯
2014/09/14 Sun. 22:36:13


9-14先日のダイソー品をフル活用

食事内容やひとり言を
こちらで書いています

貧乏人の食事
半額食材を工夫して
激安で色々と作っております。

内容は貧相でもなんとか素敵に魅せる
というのをテーマにご飯を載せています。


ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽