ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★今までの信念が崩れ去る瞬間 





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

生活を色々と見直して行こうと思う。
今日は仕事を休んで病院へ 
多分病名はこれだな と


病名らしき物がわかると、
それを元に色々とネットで調べまくる私、
昨晩遅くまで色々と調べた
ある程度その生活をいくつか
見直さないといけないと思えるものが浮上

ヘルニアは
生活習慣病といわれているものなので、
生活習慣さえちゃんと見直せば、
それなりに対応ができると言う感じでしょうか、

と言うことで、ここでも書いたけど
手の痺れ
これは危険だなと思った


寝る時に最初に左手のしびれに気が付き
その後に気が付いたのが、パソコンをしてる時、
パソコンの台は3段方式になっていて、
①キーボード②デスク部分③PC画面部分、

真正面にPCの画面はなく、
少し斜め上を
見上げないといけない感じに成ってる。


これがやばい原因だった
このPC台は、16年ほどになるのだろうか
日本製品ではなく海外の製品なのだけど、
階段方式で3段あり

中央に、大き目の机があり、
モニターの台が
その上25cmあたりに位置している。
そしてその下10cm辺りに
キーボードの台となってる。

病気改善の為にモニターの移動を昨晩行った、
さっき写真を撮ったので載せてみます。

9-13PCデスクを下に下げる

綺麗に観葉植物群を並べ替えたが、
植物群の置いてる位置に
前はモニターが置いてあった、

(▼これは4年ほど前の写真)
9-13PCデスクを下に下げる4

要するに、
今までは上を見て仰ぐようにPC作業をしていた。

首部分の頸椎辺りは背後に少し反る
私はPC 時間が非常に長く、
公休日に至っては、
12時間~15時間でもPCに向かっていたりするので、
頸椎の圧迫や負担は
それなりに大きかったと思われます。

ランキングに参加しています
応援して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 

Sponsored Link




本当に色々と検索してみると、
この病になる理由は他にもあった
今までの信念が崩れ去る瞬間でした

私はある出来事のせいで、
前かがみ人生を完全に拒否したんです。
天を仰ぐ人生
を生きていこうと決めたのですよね。

戸建てに引っ越すよりもずっと前に、
賃貸マンション生活時の頃、
その頃の息子の友達の母親に
出会った事で、大幅に変わる
嫌でも忘れられない鮮明な記憶です。

その息子の友達の母親は
もちろん同じ30歳代で1~2歳年下だった
最初に出会ったときは、
どうしてもそうは見えなかった
首のしわが凄くてまるで老人のようで
顔は普通なの、首の印象が凄くてしわが凄くて、
当時で30歳ぐらいだったにも関わらず、
50歳ぐらいの印象だった。


その当時に知った言葉
年齢は首に出る
まだ30歳の私はその時にその人を見て、
首は大事なんだと思ったので、
しわを首に作りたくないと考えた。

その後はもう癖になって、
いつも歩く時はうつむかないし、
天を仰ぐとまでは行かないけど、
上向きな感じで日常を過ごしています。

上の写真のPCデスクに決めた時も、
もちろんそれが頭にあったので、
首を下げないで仰ぐ様に
モニターが置けるのでそれにした。<

でもそれのせいで長い年月をかけて
頚椎に負担が掛かった結果が、
医師 
「頸椎椎間板ヘルニアと見受けられます」
という事だと思われますね

MRIは来週の木曜なので、
断定は出来ない段階ですが。
頸椎椎間板ヘルニアについては
多種多様にネットで転がっていたので、
対応を即効で開始したと言うことです。

今までの信念
いつも天を仰ぐように、
生きて行きたいというのも有ったし、
いつまでも若々しくありたいと願ってた。

でもそれらは長い年月を経て生活習慣となり、
生活習慣病を生み出したという事ですね。

見直せば改善するなら、
見直してまいります。


ご訪問ありがとうございます。
(´・ω・`)ささやかな応援を
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽