ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★暴風雨の中を歩く





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

今日は、結局 大雨と暴風の中、
全ての着替えを持って、
チャリを運んで職場まで行った
帰宅時の大変さを考えたら、
行くときの暴風雨ぐらい大丈夫かなと

案の定、職場に付いた頃には、
見事に全身ずぶ濡れ
覚悟して出かけたから仕方がないね
片道190円もったいないじゃない
バスで行くと往復380円になっちゃうから
380円を稼ぐのは大変なのよ。

380円を浮かすために、
暴風雨の中を歩く私


馬鹿かもしれないけど、
行きは1時間ちょっと掛かるけど、
チャリを持っていけば帰りは8~10分


今日の夕ご飯
もちろん、半額食材です
今日は涼しくて食欲も有ったし、
少しずつ色々なものを食べることにした

8-10少しずつ色々とチキチキ鯖焼きトンテキ

ピンクの飲み物はちょっと素敵な物
たまにはいいよね・・・

今日は地味ご飯だけど載せてる

こっちの写真は少し綺麗
2014/08/10 Sun. 22:32:19
失敗作でも地味飯でも載せる


地味ご飯でも、
写真のアングルとかで
何とかごまかすことはできるかな

でも写真は携帯で撮っているので、
限界はある

デジカメとかも欲しいんだけど、
我慢


応援して頂けると喜びます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 

Sponsored Link



おととい、
ネットの友人の父親が亡くなった
まだ若い子なので、
親は多分、私と言うほど大差が無い。
母親も4年程前に若くして亡くなっているので、
心の痛みは、それなりにあるのかなと思ったら、
言うほどそうでもなく、あっさりした物だった。

そのネット友人は、
息子と歳も変わらないので、
どうしても自分の立場と
ダブって考えてしまう。

私が急死したら息子は、
なんと言うのだろう。

出来るだけの愛情を注いだつもりだけど、
多感な年頃の、中学生~大学生と、
家庭が最も大変な時期にあったために、

息子には、
あまり気を使って
あげられなかったかもしれない。

もっと沢山、
話しを聞いてあげたりしたかった、
もっと沢山、
一緒に楽しい時間を過ごしたかった。

多分
息子は、あの当時、
凄く愛に飢えていたはず。

私にはそれが解っていても、
二重の介護時期は、
過酷で地獄だったから
どうしようも出来なかった
言い訳でしかないかも知れないけど。

いつの日か私も、
この世から消えて無くなるだろうけど

せめて息子だけは
私の死を悲しんで泣いて欲しい。

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽