ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



まずそれが、 後々・・・大失敗と言う結果になっていくのです。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

前にも書いたのですが、


旦那は、再就職後、
凄くがんばっていましてね、

途中入社で、15年も勤めた前の会社の年収を
クリアできていたので、

私は安心してみてたんですよね・・・


でも旦那は朝は早いし帰宅は毎日23時過ぎでした。
無理をいっぱいしてるのがわかりましたが、
私のほうも、旦那の母親の痴呆の進化と共に、
介護のほうが、かなり大変になっておりましたので、


旦那に
気を使ってあげることが出来ていなかった。



無理しないでねとも、
何も声をかけられず・・・



お互いが忙しかったけど、
それでも、何とか・・・
普通に、毎日時間が過ぎていたのです。



ほんとうに、
もう普通の生活に戻ったかなと思った頃、
確か一年と半年を過ぎた頃なんですよね、
暑い夏が終わろうとしていた頃。


「 なにかが もう 駄目だ 」

旦那はそういって、

今度は退職ではなく
休職願いを出しました。



え? 

何が駄目なの?



全く知識も何も無い私には
何も解らなかったけど、

旦那にもそれがなんなのか、

わかっていなかったようです。




とりあえず、はなしを聞くと、

いつもでは無いらしいけど、

車に乗るのがとてもつらいと、

狭い空間にいることがつらいと、

気力が削れて行くようなそんな気がするとか、

夜、良く夢を見てうなされるとか、

たまに声が聞こえて、
良く聞くとそれは脳の中で聞こえるとか。

自分では無い自分がたまにいるような気がするとか、

つじつまの合わないことが仕事で出て来たとか。

書き出すとキリが無いほどに、沢山、たくさん。



話し合って、とりあえず、
精神科の医者に行くことに決めて、
近くの小さな、小さいけど豪華な、
クリニックに予約を入れて、行ったのです。

まずそれが、
後々・・・大失敗と言う結果に
なっていくのです。

あんな酷いクリニックに行かなければ

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽