ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★もやし について語ってみた





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

雨はやんでいるようですが、
全体的に雲で覆われた朝というか昼・

気圧が安定しているからなのか、
問題なく睡眠を沢山とってまあまあの寝起きだった
でも湿度が凄いので、だるいよ

もやしについて語ってみる
もやしは
お安い食材では無いと思うの

私が良く行くスーパーでは
もやしは、39円のものと69円のものがある、
税抜き価格なので、そこにさらに税が加わると、
多分42円とか、73円とかになるのかな、
高い・・・

袋自体はそれなりにあって、
中身も詰まっては居るけど
炒めると、かさは半減以下になってしまう。

栄養価はそれなりに高く、素敵な食材だけど、
夏場は特に傷みやすく、
1~2日で、すぐに痛んでしまう。
痛むと、すっぱい感じが
すぐにするので良くわかる野菜で、
痛んだものを食べてしまうと、
即効で腹痛などを起こす

もやしは、買ったその日に
全部を食べなくてはならない野菜

人気が有るので、絶対に半額になることは無く、
半額になった品は、めったには無い

安いほうの、
ブラックマッペ=けつるあずきという豆の
もやしを買っても、税込み42円と高い。

日持ちのする小松菜大束半額を、51円で買って、
束はたいてい3株とかが1束になっていて、
その価格なので、

一食に1株使えば野菜もりもりの料理ができる。
私の場合は、1株なんて使うことは無く、
たいてい小松菜2~3本しか使わないので、

小松菜の場合、
葉がふさふさたくさん有って茎部分もしっかりして太いのに
3本換算10円にも満たない


それと同じ量ぐらいになる、もやしは・・・
比較にならないぐらい高いのだ。


一食で食べきれないといけなくて、
42円~73円のもやしは高すぎ

なので、
私の食卓の写真を載せて
10ヶ月ほどになると思うけど、
もやしは一度も無いはず・・・

もやしは高級食材である (私から見れば)

(もやし)
ビタミンCをはじめ、ビタミンB群・カリウム・カルシウム・鉄
食物繊維・疲労回復に効果的なアスパラギン酸など
を含んだ栄養価の高い野菜。
もやしについて語ってみた

もやしは安いと思い込んでるようだけど、
確かに価格を見ると安いけど、
価格とか、日持ちの悪さや、半額にならない点などと、
量などを、全体から見ると凄く安い野菜でも無い。


応援して頂くと嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
私のブログ村のランキングを見る場合▼は
Myプロフィール

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link





今日の
朝昼兼用ご飯は、かなり量を減らした。

野菜がたくさん有るように見えても、
実の所・・・量は少ない。

にんじん、
およそ1本32円の1cmぐらいのスライス 3円ぐらい
レタス、
一個 98円の 1/10 以下 8円分ぐらいと思う、
パプリカ赤と黄 1個101円の 
1/20 程度しか使っていない、
激超薄切りなので、
多そうに見えるマジック、両方で10円程度。

7-7 手抜き 安い野菜軍

パプリカは、半額じゃなくても買うけど、
パプリカは、今が旬で、日本産じゃないなら
沢山出回ってますから今は、凄く安い、
冬場の1/2 まで下がっていますね。

日本産にこだわると、
パプリカは1個250円ぐらいします
輸入品なら、
税込み98円~101円程度になってきた。

別に、どこ産でも、私はこだわらないですね。
日本産が、
全て完璧で安全であるとかは言い切れない。

全ての食材について、そう言える気がします。
なので、和牛とか味が激しく異なる様な品以外は、
産地にはあまりこだわらないかな


今日はもやしについて熱く語ってしまったので、
もうこんな時間になってしまい時間が無い

再びの当日 
7月7日に同じ動画でも載せておく。

残念ながら、
今日、日本で、天の川を見れる場所は少なそう。
かろうじて北海道とか沖縄ぐらいですかね・・・



該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽