ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



10年近い歳月は、他でも色んなドラマを生んでいたのでしょう。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

人生って本当に何が有るか解らない、

戸建ての時は良く、
犬の散歩に住宅地をグネグネ歩いたものだけど、

この家に住んでる人はどんな人だろうと、
いつも憧れて見てる家があったが、
そんな憧れの家はその後のある日から、

ひどい有様に成っていく・・・

突然ポストに郵便物や新聞がたまっていき、
1週間もすると入れ場を無くしたそれらが、
誰かによって真下に置かれた紙袋行きとなり、
一ヶ月もすると雨やらに汚れたり散乱したりと
とても酷い玄関になって行った。

その後ポストの口に透明テープ、
気が付けばある日突然表札が剥がされていた。

その町内の知人に寄れば会社が倒産して、
たぶん家も差し押さえられたはずだとの事でした。





倒産といえば、

私は長い間の夢を実現させ、
絵の仕事をしていたと何度も書きましたが、
介護やら何だかんだで、ほぼ出来なくなり、
家を売却する羽目になった挙句引っ越しましたが、


引っ越して落ち着いたら、
元の取引先をなんとしても訪問して、
絵の仕事を復帰したいと思っていましたが?

それは、かなわぬ夢となっておりました。



引越し前にすでに・・・乙っておりましてね。

負債総額20億円以上を抱え、

破産手続き開始申し立てが行われ

倒産しておりました。

同系列系子会社も、共倒れ系でしょう。


その前に世話になったほうの会社は、
今も普通に現存しておりますが、
当時の担当者は誰もいないようで、
新体制になっておりましたので、
分野も変ってしまいまして、
断念したという流れです。



2~3年と言う月日では有りませんからね・・・


10年近い歳月は、

他でも色んなドラマを
生んでいたのでしょう。


該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽