ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



ブログ2ヶ月目です、今まで書いてきた事は いずれも極々普通に良くあるお話です。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

お腹を壊して昨日は散々でしたので、
今朝もまともに食べていないので、
今夜は少し贅沢をしようと思い、
豊後鳥の、から揚げを作たんだが、
イマイチ食は進まなかった。

体が食を受け付けないときは、
無理して食べないで置こう。



さて・・・

ブログを開始して一ヶ月を過ぎ。
本日で2ヶ月目に突入します。


時折書いてきた過去話は、

あまりに、ありきたりすぎて、

つまらなかった事だろうと思う。



旦那の退職や、痴呆の介護など、
何処の家庭でも普通にある事で、

極々ありきたりの出来事です。




付け加え。


不動産バブル時期あたりに、
家を建てた人達の家が、
今じゃ価値1/3以下なんていうのも、

当時、家を建てたほとんど全部の人が、
同じでありきたりです。


私の家の向かいの人も、お隣さんも、
あの住宅街のあの地域の人達は、
ほとんど全世帯が、同じ境遇です。

いえ、あの地域に、留まらず、
あの時期に家を建てた人の多くが、
皆同じようなものだと言えます。

ですので、ブログタイトルの

1億の家から・・・のくだりの部分に。

何も驚くことは無いし、

あの時代は、何処もそうだった。


以前、
ブログに拍手と言うものを付けていたときに。
突っ込みメールがあったと書きましたが。

その時のコメントに、

1億の家などと、
「大風呂敷を広げすぎ」と、
書いてきた人が居ましたが。


当時家を建てた人は皆、
同じような物件価格だったので、
大風呂敷どころか、


当時の人達から見れば普通です。




再び参照画像を載せれば、
時代背景がそういう時代だっただけに過ぎない。


土地
(参照)
http://www.chika-data.com/


ですので、


今まで書いてきたブログ内容など、
取るに足らない普通の事だと言えます。


さらに画像を付け加えると。

続きはこうなっていく・・・








ですので・・・

今まで書いてきた事は、

いずれも、極々普通に良くあるお話です。




違うのは・・・

これから、書いていくだろう事かもしれません。

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽