ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



精神っていうのは、本当に肉体へと影響を及ぼすんだなと・・・





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

仕事前のブログです

一昨日の夕飯鯖に当たって昨日お休みした私は、
思ったよりダメージが大きかったようで。
今朝も食欲が無く、何となくイマイチ感じ。

今は一人暮らしなのだから、
頼るべき人はそばに居ないのだから、
ちゃんとした生活を心がけないといけないので、
色々健康には気を使って生きてるつもりが、
食材系で、腹痛に成る事は実は多いのです。

胃腸が弱いのです。


戸建てに住んでいた頃は、
自分の体の事など全く考えず、
毎晩飲んでいたりしましたので、

もともと戸建てに越してから、
胃痛は時折、私を襲ってはいましたが、

介護やその他の問題を多く抱え・・・


日常生活がもっともっと大変なことになっていくと、
私の胃痛は毎日、毎時間になって参りまして。

耐えず胃痛、しかも激痛、

なめると胃痛の和らぐチュアブル系を、
いつも服用していた時期が有ります。




でも

夜中に胃痛で目が覚めることなど日常になって行き、
あまりの激痛に、流石に我慢できなくなり、
病院へ駆け込み、内視鏡検査をしました。

内視鏡検査では、赤い粒状の物が胃壁に大量にあり、
アルコールの摂取禁止と禁煙を言われました、


飲酒をやめる事にしたのが、
家処分を決め兼ねてる頃かな?


お酒をやめてもタバコはやめられず、
胃痛はその後も、しばらくは続きました。



そして家も処分して、
最初は息子達と暮らすことにして、
すべてが終わった頃・・・


気が付いたら、
胃痛を感じることはなくなってた。



今は、胃痛などは全く無いです。


激太りした件と言い、激しい胃痛と言い、

精神っていうのは、本当に肉体へと影響を及ぼすんだなと・・・

身をもって体験した出来事です。



もう

あんな酷い胃痛を招くような生活は、したくは無いです。

出来れば、

のんびり のほほんと生きて行きたい。;-;


該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽