ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★どんな過酷で苦しい出来事よりも辛い





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

今日もとても頑張りました。
お仕事を頑張らないと食べていけませんが、

私・・・時々思う事が有ります。
私は本当に生活がぎりぎりなんですが、
このぎりぎり感を楽しんでないか?
そんな風に思う事がたまにあるのですよ

上手く書けないけど。

今月はプラス1,000円とかマイナス1,000円だとか
月末にそのぎりぎり感を楽しんでいる節があって
危機感が今は微塵も無い

言いたいこと解らないかもしれないけど、
危機感ってのは、その時になってみないと、
やばい状態になる寸前に成らないと
わからないのかも。

私は今は健康体で、
毎日元気に職場に通ってるけど、
毎日何とかなるさって能天気に生きてるけど、

ある日突然、病に伏したときに、
急激なる危機感
ってのに襲われるんだろうと思うけど、
当たり前の事なんだけど・・・

要するに・・・
そんな急激な変化が私に襲い掛からない限り、
私ってこの程度の貧乏生活、
へとも思って無いのかも

小学生のお小遣い程度の1,000円に右往左往しつつ、
今の貧乏生活を私は楽しんでそうです



今日の
晩御飯は手抜き自作の物は何一つないです、

たま~に鯖が食べたくなるので、
鯖の巻き寿司買って来ちゃった。
半額品ですけど

6-9手抜きです はい・・・

このぷりぷりの、鯖の巻き寿司、
流石にこんなものは私には作れません

6-9手抜きです はい・・・2

おいしかった

応援して頂くと嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
私のブログ村のランキングを見る場合▼は
Myプロフィール

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link






さて、今日は、叉飽きもせず、
山田孝之シリーズです

『世界の中心で、愛をさけぶ』
な~んか遠い昔に、聞いた事のあるタイトル

2001年4月に刊行後、2003年に100万部を突破
2004年東宝にて映画化し大ヒット
その後テレビドラマ化
またもや、私が介護で大変な時期で、
そんな話題になんか乗れなかった頃の作品

まだ見始めたばかりなので、
内容はまだわからないけど、
愛を叫ぶ
って、いい響き
私も誰かに向かって愛を叫びたい

そんな、
愛を叫ぶ相手がいない人生って
本当に寂しい物だよ。


本当は・・・私にはちゃんと居るんだけど。
その相手は、私のことなどすっかり忘れて、
幸せに暮らしてそうだよ・・・

愛してる人に自分の存在を忘れられるって
きっとどんな過酷で苦しい出来事よりも辛いよ。

経験したことの無い人には、
わかんないだろう

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽