ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★何が言いたいのか





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

昨日結局、一日掛けて
山田孝之主演 FIRE BOYS め組の大吾
を見てしまった
一気に見たくなったのだから、
それなりにそれなりで、面白かったです。

今朝は早く目が覚めた、
最近は朝シャワーもするようになったので、
仕事がある日は時間的にやばいから
その分さらに少し早く起きるように成った。

そう言えば
叉さらにブログを書くのが楽しくなったようで、
ブログに割く時間が地味に少し増えてる

書きたいと思う事はいっぱい有る
ただそれを余り、表現しきれないの
上手く書こうなんて思っているわけではなく、
書きたい事を文章にするって事自体がとても難しい。

こういう文章系が、超苦手な私は、
心やら感情やら思いやら色々を、
文字にするのが、まじで大変なの
読み手に気を使って
解りやすくなどとも余り考えられない

なのでたまに、
何が言いたいのか
わからないことも有るかも


今日の、朝昼兼用ごはんは、
再び、ラプアンカンクリのランチョンマットで

雰囲気が少し変るだけで、
食器はいつも・・・同じもので、
内容も同じような感じだけど、
ちょと気分が変る。

今日は、北欧の映画を思い起こしつつ食べてみた。
北欧と言うか、北欧で撮影された映画です。
有名な映画ですねかもめ食堂

6-8ラプアンカンクリ でいつもの朝ごはん


うーん この羊君がなかなか、
こういうのを何年も絵描いてきた身としては、
悔しいほどに素敵。

センスは環境によって磨かれる物かもしれない?
フィンランド スウェーデン などなど・・・
すばらしい数々の有名なデザインを生み出した地、

6-8ラプアンカンクリ でいつもの朝ごはん2

そんな、見た事も無い地の風景を、
映画から画面を思い出しつつ食事を取るのも楽しい

魔女の宅急便の舞台になったスウェーデン

スウェーデン

応援して頂くと嬉しいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
私のブログ村のランキングを見る場合▼は
Myプロフィール

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link







確かに
文章を書くことは難しい。

公の電波に乗せて、文章を書く以上、
自分の文章に有る程度の責任は
持たないといけないと思ってるけど

私が
人様のブログに多々影響を受けるのと同じで、
このつたない文章のブログにすら、
多少影響を受ける人も出るかもしれない

このブログに対して持つ感情は多分様々だろうけど
万人皆同じ考えであろうはずも無く、
共感してくださる人も居るかも知れないし、
反感を抱く人も、当然沢山いるでしょう。

でも私は、その多くの色々な人の考えに
左右されて文章を変える気は無いかな

私は、私のまま何も変らず、
今までどおり、書きたい事を書いていきたいかな、

私のような凡人の毎日の日々の生活など、
所詮、たいしたものでは無い、
いつもと変らぬありきたりの日常ブログに、
いずれ飽きも来るだろうし
いずれ・・・人が来なくなる日も来るだろうけど

でも私は多分、
誰も見に来なくなっても、
このまま、年老いつつも、
ブログは書いていくと思うのよね。

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽