ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★旦那様が仕事を辞めた時 奥様次第で全てが決まる





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

2014年05月20日 (火) 【12:35】
お仕事前のブログです。

今日は最悪の寝起きだった、
寝起きの血圧を測りたかったけど、
血圧計を手元に置いておらず、
そこまで行くのすらしんどいので諦めた。

めちゃめちゃ暑いじゃない、25~27℃らしい。
やっとの事で起きたけど、めちゃめちゃだるい。

ストレッチ後、起き上がってからシャワー後に、
ご飯を食べて、喫煙後でも上手くあがらず、

血圧は、上が89、下が47で、心拍数87
3回、測ったけど、これが一番高い数値・・・
頑張ったけど、90は超えなかった、
心拍数が凄い高い・・・しんどい

逆立ちとかしたら、頭に血がめぐるかしら
でも、歳とって、逆立ちとか出来なくなちゃった。



今日の、朝昼兼用ごはんは、
マジでだるいので、超手抜きでレトルト食品・・・・
ヱスビーのハヤシライスが70円だった時の買い置き品。

5-20寝起き最悪で手抜きレトルトハヤシライス

寝起きが最悪な日は
どんどん手抜きが多くなる、


毎年夏になると、しんどくて・・・
更年期に入って、
高血圧に移行すると聞かされていたので、

血圧計買うまでは・・・
ずっと高血圧の為と思い込んでた。

血圧計を買ってみたら逆だった。
測ってみたら納得できた。

なにげに私が喜ぶので
応援してください
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
私のブログ村のランキングを見る場合▼は
Myプロフィール

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link




そういえば、
旦那様が病気などで仕事を辞めた時、
奥様は、家計のキリモリをどうするかが
一番の難関

旦那様が仕事を辞めた時 
奥様次第で全てが決まる

速攻、諦めて逃げ出す前に、
出来ることは全てやってみよう。
駄目で元々・・・・

世間の知り合いやら、
他のブログを見てるとつくづくそう思う

突然働けなく成るのには
それなりの理由が
根っこにあるのかもしれないけど、
そこまで書いていないブログが多いので
解からないけど、

リストラとか、鬱とか、
色々な理由で旦那様の仕事がなくなったとき。

収益が途絶えた時
色々な収入源をありとあらゆる点から探す。

病気なら傷病手当や
生保など各種頼れる物があるが・・・
健康体で退職した場合は
反対にかなりきつそうだけどね・・・
でもそれなりに、何かあるはず
きっとある


我が家の場合は、
傷病手当金(特込み)計3年。

入院対応の生命保険2種、限度まで全部使用、
生命保険の満額借り入れ。
旦那様の母親の年金を全管理
私の積み立て型生命保険20年超え分を途中解約、
息子の大学は、半年目から奨学金満額借り入れ、
私の仕事+内職+ネット収益(各種)


これらで、およその10年間の、
生活費に、家のローン、
病院代等他全部をまかなった。

金融関係とか等からの借金は行っていない

そして旦那様の復帰が
ほぼ見込めないと断定した時

それらが全てパンクする寸前に、
家という
大きな存在を諦めて売った。


もちろん、
借入金と土地家屋等の価格の
把握も怠らずぎりぎりまで粘った。

要するに、プラスマイナス0のぎりぎりの状態まで、
私達は諦めず
旦那様の復帰を願たが、
残念・・・最後は諦める事に成った。

多少借金を抱える覚悟で居たけど
結果的には、
生保の借入金等も解約で相殺、
家のローン等もほぼ相殺され、
引越し代金等その外も全てまかなうことが出来て、
私達は借金が0で事なきを得た。

全てを無くしても、
すっきりした気分で居られたのは、
借金が無かったから

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽