ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★ 【最大の苦悩 2】 入院生活も叉、波乱の幕開け





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

最大の苦悩 2


最大の苦悩1

最大の苦悩2

旦那様は入院を承諾し署名捺印した。

本当に大変だった、

今でも・・・あの時の事を、思い出しただけで、
大粒の涙がたくさんこぼれる。

何故
あんなに素敵で人気のあったあの人が、
こんな風に成ってしまったのか。

私は結婚できた事が人生最大級に幸せだった、
本当に私は一緒になれた事を神に感謝した。

そして数年が経って、旦那様は壊れてしまった。
原因はなんだろう、誰が悪いのだろう。
そんな事は誰にも解からない。





入院手続きは、
必ず本人の
同意と署名捺印が必要だった。



ゆっくりと点滴を行ったのちに
落ち着いた旦那様は、
ゆっくりと入院に関する色々な説明を受けた、

色々と説明されている間も、
私はずっと泣いていた


むしろあの時は、
精神安定の点滴を受けた
旦那様の方が落ち着いていたのかもしれない。

その日は当然、入院を前提に病院に赴いていたので、
私は着替えだけは持って行っていたが、


看護師から
入院の説明があった。


パーカーなどの衣類で
”ひも”類の付いた衣類は禁止、
当然”ひも”類の付いたジャージの
”ひも”のある衣類は禁止、

バックなどにも、”ひも”類のある物は禁止、
ひも状に成りえる手ぬぐいなども
管理下の元にのみしか使用不能。

ひげそりなどは、
管理下の元にしか使用できない(預け制)
入れ物系に、われ物は持込の禁止、
コップ、容器等には、ガラス系プラスティック系の、
割れた場合破片が危険な物は
一切の持込の禁止、

持ち物は毎回、面会の際に
総チェックが行われる事への
同意書へのサイン


入院手続きは、
かなり厳重だった。


一応当日持っていった品で、
持ち込めない品が、たくさん有った。

その当日は、とりあえず持ち込める品のみを置いて、
私は泣きながら、
旦那様を置いて、帰宅した。


ちゃんと直してくださいね、
本当に、最後の頼みの綱だった・・・・


一人帰宅してからも、
私は涙が止まらずに、
ずっと泣いていた。


病院から帰宅する間の・・・
2時間半以上の道のりの事も
私は全く覚えていない・・・

帰宅したとき、
息子は、どうしてたんだっけ・・・
それすらも今は、思い出せない。

私は完全に気が動転していた



そして・・・

翌日
チャンと言われたとおりに、
入院の色々を持って、
私は再び病院を訪れた。

病室までたどり着くまでも大変だった、
もちろん、私のすべての荷物の持ち物検査もされた。

持ち込んでいけないものは全て一時預かりされ没収。
色々な書類にサインと捺印、
そしてやっと面会が可能になる。

そして病室に案内される。


目に映った光景を見て
驚愕
この言葉が最もふさわしい・・・


たった一日あいた病院への訪問で、
私は、この入院生活が、
とてつもなく大変で有ると再認識したし、

この病気の恐ろしさを改めて垣間見た。


たった一日、

いえ・・・ たった数時間。

入院生活と言う、急変した生活環境下に置いて、

旦那様の精神状態が、
一時的に急変していた。


個室の病室には、
緊急措置が強いられ。
監視カメラが設置され、


旦那様は、緊急的に、
身動きの出来ない状態に
置かれていた。



入院の当日、私が帰宅後・・・
旦那様は、沈静作用の点滴の効果も切れて、
本人が入院を再認識したのち、
入院と言う
急激な環境の変化に精神が耐えられず、



旦那様は、暴れ、

自殺をも匂わせるような
行動を行ったそうだ。


入院生活も叉、
波乱の幕開け。





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
私のブログ村のランキングを見る場合▼は
Myプロフィール

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽