ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

私が痴呆介護で仕事ができなくて焦りまくりの時期に旦那は次の仕事を決めた。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

木曜と土曜がお休みですので。
昨日休んで今日でて
明日また休みと言う変なシフトです。


さて、これ の続き


旦那が、会社を辞めて1年半、
私は、本当に何も言いませんでしたが、
彼も彼なりに色々考えていたようで、

15年も勤めた会社を退職し、
その一年半後に、

別会社へ再就職と相成ります。



その一年半の間に、
旦那が何をしていたのか、
痴呆介護や仕事で忙しい私には、
ほとんど把握できていません。


私は焦っている時期でした。

家に、痴呆者が居るために、
家をなかなか空けられない、
仕事が入っても、打ち合わせに出向けない、
1度断ると、仕事が倍は減り、
2度も断れば、その担当からの仕事は、
ほぼ来なくなると言っても良い風です。


仕事ができなく成って行きそうで
焦りまくりの時期。




いや・・・もう 
最終局面でした。



・・・





そんなさなかに、
旦那は職を決めて来ました。


しかも、どういうわけか、
前の会社よりさらに・・・
数倍大きな企業でした。

業種的には、前と同じで、
国家資格の宅建(宅地建物取引主任者)
資格を、持って居ますので・・・
もちろんその系統の会社です。

就職については、前もって、
軽くは相談はされた気がしますが、
実は、私は
詳細を覚えていないのです。

前の仕事が長いので、
紹介的な流れではなかったかなとうろ覚え、


その時期はもう私が大変で!!

旦那の母親は、痴呆の初期~中期段階で、
何処かにふらふら行ってしまう事は、
もちろん度々ありましたが、
出かけた先で、失禁などすると、
「救急車を呼んでくれ」と回りの人に言うらしく、
とにかく、毎週警察沙汰に救急車騒ぎと、

毎日が大変でしたので・・・






でも・・・


旦那の、次の就職は

本当に嬉しかったかも。



該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽