ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★断捨離系のブログ 物で溢れてる家が 少し羨ましくさえ思います。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

公休日のブログです
今日は時間がなかなか上手く使えなかった

minneの内職手作り品の内容を変えるべく、
アイデアは前から色々考えているけど、
考えがまとまらない上に、
作品を作るのに時間が少し掛かりそうで、
これを前の価格でやると採算は取れそうに無い、

採算が取れない内職など意味が無さ過ぎて泣ける;;

少しでも生活の足しにしようと手作り品の内職をする場合、
ある程度の範囲と言うか限界を決めないと駄目ですね。

そんな事を色々と考えつつ工夫していると、
時間と言うのはあっという間に経ってしまう。
仕事中に考えよう


今夜の、夕ご飯は、
叉もや本日到着したばかりの、
素敵なRorstrand ロールストランド
Kulinara クリナラ
 で!!

これも前の、ブラックパラティッシ同様、
何を乗せても映えるのがいいですね・・・

4-17新食器で豚のしょうが焼きとサラダ

ただの半額の買い置きの豚のしょうが焼き、
たれを少し多めに作り、
大根セロリ人参ピーマンのサラダにもつけて食べます。

4-17新食器で豚のしょうが焼きとサラダ2

大根が激安だったので、
当分サラダのベースに成りますね。
通常増税後の価格が1本200円~230円なのに、
昨晩買って来た大根は、驚きの税込み98円なのです。

素敵!!

今日到着したこのお皿は、北欧のブランドメーカー
Rorstrand ロールストランド
Kulinara クリナラ
 


素敵でしょ?


なにげに私が喜ぶので
応援してください
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
私のブログ村のランキングを見る場合▼は
Myプロフィール

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link





私は色々時間を作っては
情報取得の意味もあったりして
人様のブログを良く見ます


断捨離系のブログを見ると、
物で溢れてる家が
少し羨ましくさえ思います。

もしかしたら人は、
ある程度の日常生活用品で
埋もれていたほうが良いのかも・・・

家を処分しなくてはならなくなったとき、
急な処分と相成ったわけで、
どれを捨ててどれを捨てないで置こうかなんて、
ゆっくり考える時間など無かった。

7SLDKの家は、家具や物で溢れていて、
その後息子達と住むべく家は、3DKと狭く、
その部屋のうち二部屋を息子達が占有し、
息子達は、当時はまだ新婚なので、
自分達で新しい家具をそろえる事に成った。

私に与えられるのは6畳半ほどの和室に、
1畳半ほどの、普通の押入れだった。

そんな一部屋に入る品以外は、
すべてを捨てなくては成らなかった。

もちろん、洋服タンスを置くスペースなど無い。
花嫁タンスのセットも、ダイニングセットも、
リビングのセットも何もかも、
旦那様が持って行かなかった品以外は
全て捨てる事になった。

それは
戸建ての家にあった殆どの品と言う事に成った。
殆どの9割以上の品を全て捨てた。

そしてその後、息子達と住むのをやめて、
私は、ひとり暮らしに成って、
その引越し時に、さらに私の部屋の品は捨てられて、
今の、私の部屋には殆ど何も無い。

パソコンやプリンターを置く大きなデスクが3個、
息子が幼少時いつもそこで遊んでいた
白い小さなソファーは捨てずに残した。
そして小さなカウンターボードを食器入れに残した。

今の私の部屋には、
それだけの家具しか置いていない。

これ以上片付けようが無い
というほどにシンプルな生活です。

寂しい部屋を埋めるのは、
たくさんの観葉植物群です。

大きな観葉植物は、戸建ての引越し時に、
人にあげてしまいましたが、
可愛らしい物を数鉢持ってまいりました。
それでも大変寂しい部屋です

部屋が物で溢れて居た頃がとても懐かしい。
シンプルな部屋はとても寂しい<

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽