ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



きっと全ての出来事は、自分も含めて決めてきたことの結果=今





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

私は、ブログを書き始めるまで、
あんま昔の事は
思い出す事をしなかったかも。

夢でたまに見るから、
思い出す程度だったけど・・・


ブログを書く事を決めて書き始めて、
色々思い出していくと、


よし、まだまだ頑張ろう!

と思えるから不思議です。




さっき・・・

引き出しにしまってあった、
捨てきれない品を出してみた、


長かった、絵の仕事の事や、
いろんな・・・夢とか希望とか、


いろんな想いが、
どっとあふれ出る。





筆類はごく一部です。
これの5倍ぐらいの数の筆が、
まだ、捨てきれずに残っています。


捨てきれない筆



普段の仕事のほうは、
主に面相筆と言うものをメインで使っていました。

繊細な絵を描いていましたので、


細くとても繊細な筆先が必須だったために、
普通に売ってるような品では駄目で、
1本 3,000円~10,000円も
する筆が山のようにありました。

新品のまま袋に入ってる品あたりがそうですね。
有名どころの面相筆です。







遺産など放棄して、

旦那の母親を引き取らなければ、

今も絵を描き続けて
いられたのでしょうか?





いいえ・・・


どっちに転んでも・・・

大して変らなかったかもしれません。

そういう流れだったのかもしれません。

所詮その程度の、器だったのでしょう。


今はそう思えます。





結果を、
人のせいにするのは
駄目ですね。



40歳台までは、案外・・・

色々を人のせいにしたがったことも多かったけど、

50歳を過ぎた頃から、

何となく・・・こう、

それじゃ駄目だなって
思えることが多いですね。





きっと全ての出来事は、

自分が招きいれた事の
すべての結果

自分も含めて
決めてきたことの結果






まだ夢を持って居たいなら、

納得できる人生を
まだこの先も望むのなら、

やっぱ、再び叉、
努力するしか手は無さそうです。





該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽