ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★私の人生最後の仕事





blogmuraカテゴリー 60歳代 ライフスタイル 

私の61年間と半年の
全ての生き方や思いを語るのは無理だけど、

61歳になった
今の私の考え方は
その時に書くその時のブログで表現はできる。

昨日のブログで私は
私の人生にやり残しは何もないと書いた。

もう…目覚めなくても良いと思いつつ 眠りに落ち
April10,2021

50代の頃に何気に思ってた
退職後ぐらいに訪れるだろ私の人生最後の仕事は
私の予想に大きく反して60歳の昨年訪れました。

以前も少し書きましたが・・・
精神疾患を患った元主人が
最後までひとりで生きられるはずがない事など、
離婚をした時からすでに解っていました。

離婚して、別々に暮らすように成った時から、
20年後とか、まだ私が元気ならきっと
老後はあの人の世話をしなきゃならないだろうなと
覚悟してました。

すばらしくうつくしい 八重桜の仲間 1

素晴らしく美しい八重桜



私の人生最後の仕事は

元主人だった人が
独りではもう何も出来ない状態になったら
面倒を見る事でした。

それが、なんと
まだ私がまあまあ若くて元気な今という
早い時期に訪れてラッキーとすら思えてます。

しかも なかなか理想的な形で
精神保健及び精神障害者福祉が充実してきたり
障害者自立支援法などの改革が行われたり

色々な事がどんどん改正されて
障害者の人は少し生きやすくなり

お世話をしなきゃならない立場の人をも
守ってくれる訳です。

すばらしくうつくしい 八重桜の仲間 

十代からの私の信念みたいなものだけど
「やりたいと思えた事をやらないで悔やむより、やってから考える」

考え方とかは歳とともに少し進化して
若い頃にはそんな事を思った事はないけど
たぶん40代ぐらいから…
ちょっとした苦労は
楽しんでしまえば良い思い出になると思うようになり、

そして60代になった私は
できればもう苦労はしたくないと考えるようになって、
還暦前後辺りから健康に気を使ったりして自己保身に入る。

人は
何のために生きているのか。 

November03,2020

結局の所、
人は自分が1番大事なわけで

人は何のために生きているのかを
疑問に思う必要は全く無くて
生まれた時からもうすでに決まってる。

私は、ただただ・・・自分のために
私の人生最後の仕事は完璧にこなしておきたい。

それが今、とてもいい形でこなせてそうだから

今の私に、もしもの時が突然訪れたとしても
もう、私の人生にやり残しは何もないという話になる訳です。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ぷちっと👆 (❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。

ご訪問ありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村



シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代

該当の記事は見つかりませんでした。



 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽

 


ブログランキングアイコン PVアクセスランキング にほんブログ村  ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん” - にほんブログ村