ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★『年金で足らない数千円を生活保護で補う申請を行えば』とアドバイスされました。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

たまたま
昨日の記事で書いた件に関連する
郵便が届いたので記事にしてみます。
🔽
お酒の飲み過ぎが招いた苦痛の日々は
あと何年続くのでしょう。


はなびらのおおい桜

国保3割負担で
毎月・自己負担限度額MAX状態になりそうできついですね」
と書いたけど・・・

国民健康保険高額療養費支給の
ご案内について
国民健康保険高額療養費支給のご案内について2
国民健康保険高額療養費支給のご案内について1

診察料(検査含む) 4,230円 
お薬代金 39,050円 
訪問看護 自己負担分 2,500円
(合計)45,780円 
=================================
国民健康保険高額療養費限度額 35,400円
=================================
支給額 10,380円 (本人口座へ振り込み)

入院中の医療費に関しては
「限度額適用認定証」を申請していたので大丈夫ですが

自己負担限度額を超えた額が払い戻される
「高額療養費制度」により
こういう感じの書類が送られてきたのは
初めてです



元主人の病状が安定し始めたということで
「2ヶ月に1度の通院でいいよ」という事になり
お薬代金が倍に跳ね上がったので、
国民健康保険高額療養費限度額の35,400円を
超える月が出てきたようですが、
昨日書いたように、
歯科とか個人病院にも通い始め、
リハビリもやるようになるともう、

毎月の医療費が限度額LINEの
35,400円辺りになってしまいそうで
元主人の破産までの秒読みが早まってまいります。

元主人が
年金だけの生活になってしまえば
今までの様に通院する事ができなくなり
お薬も手に入れられなくなりますが・・・

訪問介護計画をしてくださってる
介護支援センターの人曰く

『○○さんの場合はこの状態が続きそうなので
『年金で足らない数千円を生活保護で補う申請を行えば』
と・・・アドバイスされました。

要するに、預金が尽きてしまった段階で
生活保護申請を行えば医療費が掛からなくなるから
今まで通り通院できると言う話のようです。

はなびらのおおい桜2

いずれ元主人の預金が尽きることは
去年から解っていましたが
障害厚生年金が、まあまああるので(11万円ぐらい)
生活保護申請はできないかもと思っていましたので

いずれ・・・元主人のお金が尽きたら
私が負担することになるかもと書いた事がありましたし、
私はその覚悟もしてたりしましたが、

実は年金額がほんのわずか基準値より低いらしいので
何とか成りそうでホッとしました。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ぷちっと👆 (❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。

ご訪問ありがとうございました。

PVアクセスランキング にほんブログ村



シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽