ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★早く死んでほしいと願う事になりかねない。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

今日の京都は
朝だけのち深夜のようです。

さて・・・相変わらず わがままな患者の元主人
肝硬変でもう駄目かもとお医者様に言われたので
頑張って介護してあげておりましたが
運が良いのか … それとも
苦しむ期間が伸びた分だけ運が悪いのか
何だか肝硬変のひどい症状は現在収まってる状態で

歳をとって現実を知った私は
今やもう運など微塵も信じてはいませんので
医学の進歩のおかげなんだろうなと思うわけだけど

1年…もたないなら 
何とかしてあげようと思えた私も、
3年 4年 5年 と…今の状態のままなら
その年数分だけ私の自由が奪われるわけで
コロナが落ち着いても帰省すら出来なくて困るので

もっと距離を取らないと
厳しいかもと思い始めているので、
病院への付き添いも
完全にやめる方向でお願いしてみました。

病院の付き添いとなると接点が多すぎるのです
接点が多いと私の精神的な負担が凄い訳です。



お気の毒だとは思うので、
5年でも6年でも、お食事とかお買い物とか、
手続きとかのお世話はちゃんと続けますが
会いたくはないのです。

理由は以前も数回・・・書きましたが、

肝硬変という病気はかろうじて安定期に入ったのに
ヘルパーさんが何でもしてくれるから
怠け癖がついて
ほぼ何もせず、寝てばかりいて
筋力の衰えから脱腸になったりするおまけが付いて来て

自分のせいで自分が悪いのに
しんどいのは”誰か”から攻撃を受けるからという
精神疾患からくる妄想が激しく
その”誰か”の中に私も含まれていて
会えば、怒鳴られたりするのが嫌だからです。

先日、来てくださった
訪問介護支援センターの人によると

あの人の脳内の中では、
本物の私は今は海外に住んでるので
代わりに偽物の私が食事を作ってくれてるのだそうで
かなり前から発症してるカプグラ症候群です。

要するに私は・・・あの人の脳内では
偽物で攻撃者って事になります。

精神疾患者の脳内は特殊すぎて
ブログを見てる一般の方には理解できないでしょうけど
私も当たり前に理解できないので大変です。

眠る間がない植物たち
【眠る間がない植物たち】って事になりますか( 0 д 0 );


もうあれなのです
実は・・・
精神薬の筋肉注射もあまり効果を出せてないようで
まあ、そりゃ…肝硬変で肝機能は正常とは言えませんし
抗精神薬への期待も、30%ぐらいでしたので
効果が出なくても仕方のない事でして

もうお会いしないほうが良いと思うんですよ
お目にかかって刺激しないほうが良いんですよ

元主人から、
攻撃者だとか・・・偽物と思われていても
思われてる分には病気だから仕方ないと諦められるし
私の心には大したダメージは受けないけど

面と向かって
大声で怒鳴られたり怒られたりすると
お気の毒と思える
”情”すらもぶっ飛んでしまうかもで


お気の毒だと思えなくなれば、
早く死んでほしいと願う事になりかねない。

私は…そんな気持ちになりたくない。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
ご訪問ありがとうございます。

👆 上のバナーをクリックして頂いて 
(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代

Nantonaku なんとなく アイコン



該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽