ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★【60代からの私の美意識】老後に備えなきゃならないのに何やっちゃってんの





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

形成外科の日でしたので
朝の8時頃に起きたけど
今日の京都は
何かめっちゃ大荒れで

屋根に当たるパチパチ音がしてたので
なんだろうと思ってお外に出たら
大粒のみぞれっぽい感じの物と・・・雪とか
なんだかよくわからないものが降ってました。

って事で、久々の形成外科って事で
少し早く出たけど失敗でした。

久々再診とか初診の場合は予約なしで行ったけど
事故があったっぽくてバタバタしていて
さらに予約優先だから後回しにされて
10時に到着したのに2時間ちょい待ちで
12時15分ぐらいになってしまいました(; ´・ω・ )

【ほくろ】を取ってきました。
ちょっと膨れてきた【ほくろ】を取ってきました【感想と費用】

これから老後に備えなきゃならないのに
何やっちゃってんのって感じの
ご意見もあるかもとは思うけど・・・

若い頃ってのはお化粧をしなくても
若いというだけで爽やかなイメージを保てて
可愛かったり綺麗だったりするんだろうけど

~成長期~成熟期~?~衰退期~・って感じで
誰もがそんな感じの流れの波に流されていく



人の衰退期ってのはいつ頃から始まるのかについては
個人差が有りすぎるので
明確には書かれてませんでしたが
おおよそ、体内の抗酸化酵素機能が減少する
40代頃からじわじわと来てそうで
40歳で老眼の始まる人もいるそうです。

今の若い人には
美意識が高い子が多そうで

小・中学生でもお化粧をしたりする子がいたり
髪を染めてたりパーマを掛けてる子も居ますし、
高校生でのお化粧は今じゃ常識とまで言われていて
ダイエットやサプリメントなど
多種多様の品々が飛ぶように売れてそうで
間違いなく”美意識が高い子供が多い”と感じますが

私からしたら、もったいないわ~と思えて
あまり良い感じはしないけど
その考えこそが古い、
言われる時代のようです。(´・ω・`)アセ

病院で販売してる美容品
(形成外科で頂いた美容液などのサンプル)

60代からの美意識

美意識とは Weblio辞書
びいしき【美意識】 美に関する意識。
美しさを受容したり創造したりするときの心の働き。

若い頃から美意識を高く持って成長した
今の20歳の人の場合40年後の60歳に成った時・・・
シミひとつ無いような美しい肌を保ててる可能性は高く、
60歳に成っても40歳ぐらいに見えるかも知れません。

だけど、
私の年代の場合はある程度はもう手遅れです。

私達の若い頃は日焼け止めなど一切塗らず
海やプールなどで焼きに焼きまくった青春時代を過ごし
何処へ行くにも日傘など刺さなかったわけで

その積み重ねで
60歳にも成れば肌の老化はどんどん進み
シミやそばかすなどが全く無い人など
まず間違いなく居ない(; ´・ω・ )
ホクロだって増えて行くのです。

私の考えで行くと
老いてシミだらけで見た目が悪くなったからといって
化粧を塗りたくって覆い隠すのは好きでは無いので

自分が老いた事をきっちり受け止めた上で、
自分ができる範囲で
少しだけ老いに逆らう意識を持つみたいな感じで

人目のある場所では
服装や髪型に気を遣い身なりをそれなりに整え
上品に見えるお化粧をして清潔感を保つように心かげ

老いても尚気になってる部分があるなら、
それなりに努力するという程度の美意識は
大事だと思う訳です。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。

(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代

Nantonaku なんとなく アイコン


該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽