ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★めっちゃ食べまくりなのに太らないと逆に気になるのです( Φ ω Φ )





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

まあ、昨年からそんな感じだけど
めっちゃ食べまくりなのに
太らないと逆に気になるのです。

昨年の12月からずっと
更年期障害的な不正出血が続いてはいたし
腰痛とか子宮痛が出てることもあったけど

基本的にかなり元気で食欲があって
不正出血で体力が落ちるのが嫌なので
元日からめっちゃ盛り食い体制だったりしてましたし

仕事が休みの日は
4食とか5食も食べちゃったりしてるから
3000キロカロリーぐらい軽く食べてそうなのに

何故か体重が増えないどころか少し減ってまして
そんな事は、私の61年の人生の中では初かもで
食べ過ぎと確実に解ってるのに
逆に痩せるのが不思議すぎて不安です。

体重減少:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典
============================
【病気が原因の体重減少】
甲状腺機能亢進症 糖尿病

【食欲がないから体重が減る場合】
消化性潰瘍 神経性食欲不振症 うつ病
悪性腫瘍 アルコール依存症

============================

私の場合は
食欲がめっちゃあるから食べ過ぎる訳なので

まあ今まで度々書いてきたことですが
食後20分~30分後に
激しい睡魔に襲われる事がたまにあるから
かなり前から糖尿系は気にしてましたから
検査薬まで買ったのに検査薬では問題が全く無くて・・・

尿糖 尿蛋白 ちぇっく

甲状腺機能亢進症に関しては、
遺伝率は15%ぐらいだそうで
私の母は40代から甲状腺の病気でずっと服薬してますし
姪っ子が甲状腺機能亢進症になっちゃってまして

甲状腺機能亢進症は
動悸などの症状が特徴とあるけど
動悸が有ることは昨年からよく書いてますから
いろいろ重なって気になります ( - ω - ;) うーん

動悸もさる事ながら、めまいもかなり有るんだけど、
どっちも更年期障害の典型的な症状なのですが

体重減少と絡めつつ
甲状腺機能亢進症とか糖尿病を疑ってみると
思い当たる節が割とあるので
今週の1月14日(木曜日)の婦人科検診の時に
相談してみようと思います。

まあ来月になれば会社の健康診断も有るので
血液検査とか腫瘍マーカーが出来るので
色々検査してもらいます。

もう、私も年金受給者でもございますし
人生の後半っていう感じに成ってまいりましたので、

気になる事は確実にクリアしていかないと駄目な
お歳頃でございます。



私が1番気になるのは、
肝硬変で先が短いと言われた元主人よりも
私が先に死んじゃったら、どうなるのって事で…

そんな事を気にするのは
オカシイとか思われるかも知れないけど、
私がいなくなれば息子が困るだろうから
それだけは絶対に避けたいのです。

そんな事に成ったら、
私の人生の中では最大級の想い残しになってしまう
とか (´;ω;`) 思ったりするので、

私は元主人をきっちり看取りきるまでは逝けない。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。

(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代

Nantonaku なんとなく アイコン



該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽