ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★昨日元主人に『退院時に余命宣告みたいな事を言われたことを告げました』





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

世の中ってのは
とにかく多彩すぎて、
61歳になった私でも知らない事が多すぎる。

まじでぇ?って感じで(◎Д◎;) びっくりですよ

まじでぇ?って感じで(◎Д◎;) びっくりですよ


全く知らなかった”レタス”の話も
自分が体感してみて、調べて解った事なので、

疑問に思ったことは何でも調べてみることは
良い事なのかもと改めて思ったりする訳です。

私の場合は
興味のないことは完全にスルーしてしまうので
そういう点では、偏った人間なのかも知れません。

【例えばスポーツ系】
私はスポーツを観戦して楽しむという趣味がないので
有名なスケート選手も知らなきゃ何も解らないし
これから先も興味が持てるとは思えない。

【例えば音楽系】
アニメやドラマをネット配信で見たりした時の
主題歌やテーマ曲に素敵な曲があれば
それなりには好きにはなるけど
題名までは覚える気がなくて
あぁあのあれの曲って感じでしか表現できない。

【そして芸能系】
最近はネットでドラマやお笑いも
たまには見るようにはなりましたが
ほんの数人、知ってる人が増えた程度で
40年ぐらい前の事しかわかりません。( ´ Д ` ) =3 
別に芸能のことを知らなくても
普通に幸せに生きていけるからね。



昨日は元主人の診察の日でしたので、
病院まで一緒に付き添って参りましたが、
元主人とは、ほとんど話しておりません。

前回の診察時には
凄いなと、つぶやかれた元主人ですが・・・

担当医が最初につぶやいたひと言が
「 凄いなぁ 」でした。

October08,2020

今回の
血液検査の結果もかなり良好で

『もうだめかと思われた肝臓が
 運が良いことに回復に向かってる』

『普通の状態をAランクとして、
最悪の状態をCランクとすると
○○さんの場合はCランクからBランクに回復してます』
という感じでおっしゃいました。

運が良い
医師が病状に対して”運がいい”と表現なさるのは
余程のことなのかも知れません。

運ってのは、
その人の意思や努力ではどうしようもない
人知を超えた”何か”みたいな物ですからね。

もみじとかいて紅葉と読む

って事で、
肝硬変のおまけみたいな肝癌を発症しなければ
元主人はの寿命はすこし伸びたのではないか
と思われるわけなので

自宅マンションに特着した後
元主人に
退院時に余命宣告みたいな事を言われたことを
告げました。

それを告げた後、そのまま続けて
生き延びる可能性が出てきてよかったね
おめでとう、と笑顔で喜んであげたら、

『ありがとう!!』 と、
満面の笑顔で答えてくれました。

肝硬変の病状の悪化を食い止めるのは、
服薬と食事

食事の面で病状の回復を願う私としては
喜ばしい結果であるのは間違いありません、

素直に心から喜んでます。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。

(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代

Nantonaku なんとなく アイコン


該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽