ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★闘病生活で破産されては困るので





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

お出かけついでに
紅葉散策して参りました。

この公園に来るのは数回目ですね
公園の樹木がすばらしく美しい
春には川沿いの桜が有名なのです。

2010 11 20 こんな紅葉も素敵 3

紅葉と黃葉の絨毯
地面もなかなか美しいのです。

こんなに美しい公園で暖かい日でしたが
遊んでる子どもたちも少なくて
これもコロナの影響なのでしょうか

2010 11 20 こんな紅葉も素敵 4

そう言えば、
病気で療養中の元主人の年金手続きの色々も
私が全てやってますが

11月に請求権を得た特別支給の老齢厚生年金は
障害厚生年金よりも少ないので受け取らないから
金額の多い方を自動選択する手続きをするのだけど
それとは別の、
企業年金の老齢年金裁定請求書が届きました、

以前、2019年の春に
厚生年金基金が解散することによる企業年金を
まとめて一括で受け取るための手続きを私がしたのですが

企業年金には沢山の種類が有るようで
改めて別の企業年金の手続きを
しなくては成らないようです。


元主人は
新卒入社の大企業を2年ほどで退職して
30代後半でうつ病を患った頃にまた
再就職した会社を退職して、
その後、何とか復帰して再々就職するも
精神疾患が悪化してすぐ退職してしまうので
3企業に努めていた時の企業年金の様ですが

元主人の勤務年数は
普通のサラリーマンの
半分以下の年数しかありませんから
あまり期待してませんけど、

あの人のお金を管理しつつ
何とか節約して生活を支えてあげてる私にしたら
ちょっとは明るいお知らせかも。

2010 11 20 こんな紅葉も素敵 5

どっちにしても、
わずかな金額だろうが、なんだろうが
闘病生活で破産されては困るので
月1,000円でも1万円でも
年金が増えるのはありがたい訳です

あの人の場合、預金が尽きて破産しても
それなりの障害厚生年金が有るので、
生活保護は受けられませんから

今あるお金と、
障害厚生年金と企業年金に頼るしか無くて

あの人のお金が尽きてしまえば
不足分を埋めるのは、

元妻というだけで、
身内でもなく家族でもないから
何の権限もなきゃ何の権利もない
私しかいないのだから破産されたら困ります。

なんだか、変な話だけど
介護を引き受けてしまったのだから仕方ない。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。

(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代

Nantonaku なんとなく アイコン


該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽