ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★病気になって自宅療養となるとお金がいくらあっても足りませぬ。





blogmuraカテゴリー 60歳代 ライフスタイル 

今朝は8時頃に起きたけど、
元主人のお買い物でお出かけしてまして、
なんだかんだともう夕方です。
( ・ω・` ;)

元主人の年金額などたかが知れていて
毎月12万円ほどしか無いのに、
生活費だけでも毎月4万円ほどの赤字に成るのに、
わがままで困ったちゃんです( *´ ︶ `* )

カーペットカバーをもうすでに買ってあるのに
薄いから分厚いカバーを買ってこいとか、

エアコンで暑いのかいつも腕まくりをしつつ
暖房ガンガンで
寝てる時もエアコン暖房をつけていて
監視カメラの室内温度表示はいつも26℃~30℃と
まるで真夏のような部屋に成ってそうです。

(ネットを参考にしてのおおよその数値デス)
8畳用のエアコンで消費電力暖房平均680W
20度設定で1日10時間使ったとして 6.8Kw
120kWh~300kWhまで 1Kw辺り 25.80円
25.8円×6.8Kw=10時間なら日/175円
それぐらいが普通だと思うのですが

ヘルパーさんの話ではいつも
27℃設定だそうなので
消費電力がかなり上がり、仮に800Wとして
1日24時間使ったとしたら 19.2Kw
25.8円×19.2Kw =  495.36円/日
エアコン暖房 月/15,356円 

床が絨毯でも寒いと言うことで
同時にホットカーペットも使っているので
ホットカーペットは1畳あたりおよそ250wだそうで
10時間つけっぱなら 日/2.5Kw 月/2,000円ほど

さらに寝る時は電気毛布だけど
電気毛布はお安くて月/300円程度

この計算が正しいなら、
ほぼ半日12時間は見てるテレビの電気代とか
その他毎日の湯沸かしとかレンジ代とか
1日24時間つけてる照明代とか全て入れれば

自宅療養の元主人の電気代が
月2万円を超えそうで
12月~3月ぐらいまではそんな感じで
なかなか恐ろしいことになりそうです。

友人撮影の奈良の紅葉
友人撮影の奈良の紅葉

病人だから仕方ない、
肝硬変に冷えは良くないので仕方ない
家に24時間いるのだから仕方ない ? ・・・

病人だって
節約しようと思えば出来るはずなのですが
本人は節約をしようとしないのが問題でございます。

例えば
肝硬変の肝性脳症が落ち着いてるのに
『お漏らししたら困るから』 と 言う理由で
リパパン(おむつ)を、使う事をやめてくれないので
その分までもが毎月赤字に成ってまして
特別な品以外の生活費の赤字は毎月4万円。

病気になって
自宅療養となるとお金がいくらあっても足りませぬ。

病気にならないようにしないとね。
(๑•̀ㅂ•́)و✧




あまりにもお金を使いすぎるので、
レンタル式の”タッチアップ”と言う品を返却しましたし

ヘルパーさんに頼んで、
何とかおむつをやめてもらえないかと交渉中で、

肝硬変患者に良いとされる
アミノ酸ゼリーを買う余裕がもうないから
今ある40個程を消費したらもう買わない予定で、

食事レベルも少し下げていく予定です。

肝硬変の患者くんの食事の節約は量とカロリーを少し減らす。

何故そうしなきゃならないか、

毎月確定赤字4万円+特別に買った品代金数万円
毎月かなりの額のマイナスが生じ
いずれ必ずあの人の貯金は底をつきます

現状のまま節約してくれない場合、
あれを買ってこいコレを買ってこいと
わがままを通した場合は半年ぐらいで終わります。

年金額が12万円ぐらい有るということは、
生活保護対象者にはなりません。

あの人の預金が尽きたら 
誰がその赤字分の金を払うのでしょうか。

血縁者の息子に扶養責任が有るけども
嫁と孫3人を養わなきゃだから
それどころじゃないだろうし

結局…私が負担することになるんだろうから

今のうちに
何とか節約してまいりましょうか ( ´ Д ` )


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。

(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代

Nantonaku なんとなく アイコン



該当の記事は見つかりませんでした。



 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽

 


ブログランキングアイコン PVアクセスランキング にほんブログ村  ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん” - にほんブログ村