ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★心の中で酷い矛盾を感じています。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

急に寒くなってまいりましたので
冷えに弱い私は
腰痛が顕著に出てまいりましたから
昨日から仙骨と腰にカイロを張っております。
( ・ω・` ;) 

そういう事があると、
歳なんだなぁとさらに痛感する次第です。

今朝の私は、生活ブログの方で
ちょっと酷いと思われそうな
心の内を書きました。

* N a n t o n a k u *
my memo & my life

私の部屋のインテリアの紹介とか
毎日のお食事の写真とかを載せつつ
毎日の生活の事を綴っております。


生活ブログは
付き合いの長いネットの知り合いや
ちょっとした知り合いが見ておりますし、

リアルな私の事情については
深く触れておりませんので
元主人の事を”患者くん”と書いております。





今日 10月19日で、
元主人の介護生活は4ヶ月でございます。

「長く生きられないかも」と言われてから5ヶ月
「1年は無理かも」と余命宣告のようなものを
受けた日からだと4ヶ月半ほどでございます。

ある程度の予想はしておりましたが
私の中の心の変化がなかなか凄まじい。

これが今後さらに・・・
1年、2年、3年と続くと

解消される場を失って
溜まる一方のストレスによって
私の心は壊れてしまうのではないか

私は何かしらの病気に成ってしまうのではないか、
その様に思えてなりません。

毎日のストレス発散の場所だった
ネットゲームなど殆どできず、

介護生活+コロナの影響もあって
遠出やお泊りのお出かけなども不可能になり
収入が減った事で焦りが少しづつ生まれ

この先、病状が悪化した場合の介護は、
今の数倍は厳しくなるという現実を抱えつつ
それに対して恐怖感すら覚えつつ

最悪な状態が来る日
そんな日が来るのは
ずっと先のほうが良いと願いつつ、
病状の安定を保つために努力してる私は

心の中で酷い矛盾を感じています。

長生きしてほしいと望んではいるけど

介護生活が長引けば、
その分だけ私の自由は奪われる。

何の葉なのかはわかりません 紅葉


その心の中の葛藤が、
膨大なるストレスを生むのに

介護でストレス発散の機会が奪われて
ストレスを発散する場所が減っていくのに

あの人と接するたびに、
私のストレスはさらに毎日溜まっていく。


昨晩、お食事を持っていったら
ダウンジャケットを着て
ただの普通の毛布にくるまって
電気毛布を付けて寝てました。

寒くなったのに
掛け布団を断固拒否してまして ( ´ Д ` ) はぁ

October17,2020

布団を掛けないとか考えられませんけど

そんなのは、おかしな行動の極一部なのです。

統合失調症で妄想の激しい
あの人の行動の全てが私のストレスになる。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。

(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代

Nantonaku なんとなく アイコン






該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽