ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



家のはなし 13年後、土地価格は半分以下にまで下がった。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

今夜は、夕飯とは思えないパン食。


パンは半額79円の6枚切り2枚分26円
半額ひき肉58円を照り焼き風の味付けにして、
10円分レタスを挟み込むだけの、

簡単サンドイッチ 合計94円

yuuhanndayo.jpg

マヨネーズを掛けるとなおさらに美味しい。
案外これが、なかなかいけるのです。


最近、食事の写真を添えるのが、
なんかおもしろいからやってるけど、

そのうちに飽きると思います。(笑)






で、昨日の夜の続き・・・



家を建てた時期よりも、
土地を買った時期が少し早いので、
あれは一番失敗だったかも知れない。

しかも、建築条件付の土地の
条件、はずしを行った為に、
通常価格より高くなった。





良く解らない人もいると思うけど、

土地には・・・

建築条件付宅地と言うのがあるんだが、
それの場合は、
その土地に家をを建てる場合、
建築会社が決まってるというもので、
それ以外の建築会社で家を建てることは出来ない。

破った場合等は
違約金などが生じるという契約付きの土地です。




悲しいことに

当時その地域の新規分譲地は、
殆んどが、建築条件付宅地でした。




購入価格が上がっても、条件を外した理由は、


旦那が当時勤めていた会社が、
有名な住宅メーカーで有ったためです。

その社員が、
他の会社で家を建てるなど、
とんでもないということです。



と言うわけで、

当時は、土地がその後・・・
暴落していくなどと思わずに、

「少しは下がるかもしれないな?」
程度の甘い考えで、

遺産相続の、
旦那の母親の分と旦那の分で土地を買った。




でも・・・

13年後、

その土地価格は半分以下にまで下がった。



(参照)
http://www.chika-data.com/

土地

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽