ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★元主人の介護を始めてまる1ヶ月 私の心に余裕が…





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

月1~2程度しか書かない
家計簿ブログを更新しました。
=========================
11年以上前に離婚した”元主人”の
介護を始めたので家計簿が少しややこしい。

=========================

肝硬変で長くなさそうな
元主人の介護を始めてまる1ヶ月
晴れ間が見えるとちょっとホッとします。

肝硬変の肝性脳症でボケ気味なので
ずっと・・・おむつ生活だけど

おむつを外してしまえば地獄部屋になり
おむつが外せないシャツを買えば
横からおむつを抜こうと破りまくるし
その状態で部屋中這い回って転げるので
毎日の洗濯の量が半端なくて
雨はもうこりごりです。

退院してから今日までを思い浮かべると
思い出すだけで
めまいがしそうな凄い1ヶ月でした。

っていうか、
更年期障害真っ只中でございますから
毎日の発汗とか・・・めまいからは
逃れられませんけどね( ・ω・` ;)

紫陽花 あじさい ガクアジサイ 1

よくよく考えたら
肝性脳症が酷くてとろとろ状態のほうが
介護はやりやすい。

先日の通院で
肝性脳症を引き起こすアンモニア数値が高いから
それを抑えるお薬を処方していただきましたら、
とろボケから⇒ふわボケに回復しまして、

とろボケの場合は
一日中眠そうでとろんとしてるし
寝てる場合の方が多いし
たいていは布団で転がってますが

ちょっと頭が働くように成った
ふわボケの場合は
”おむつ”が気になるので、
おむつを取りたくて必死のようで・・・

まだまともに歩けそうにないのに
自分で何とかできそうな気がするらしく
立とうとしては転んだりしてアザを作ってたり
這ってトイレの前で転がってたり

でもって
ふわぼけになると
統合失調症的な妄想がさり気なく出てきて
その妄想話について訴え始めるので
超絶的にややこしくなります。



肝性脳症が
さらに改善されてくると

入居して間もない頃のように・・・
統合失調症の妄想が爆裂して
妄想ネタを元にして
部屋から出て行きたくなる様で
脱出を試みるようになると思われます。

外鍵つけちゃったから大丈夫だけどね
( *´ ︶ `* ) 

元主人の介護を始めてまる1ヶ月
かなり慣れて参りましたし
週5の訪問看護さんとか
毎日2回のヘルパーさんが来てくださるので

自分時間が少し戻り
私の心に余裕が生まれ
来週の火曜日からお仕事に復帰します。


『なんで離婚した人の介護なんかしてんの』 と、
ネットの知り合いや、
パート先の同僚にたびたび突っ込まれましたが、

以前も書きました、
私が介護をしなきゃ息子が困るし、
私の気持ちの整理を付けておきたいと思ったし
悔いを残したくないからとか、
色々複雑ですが、

介護することにして良かったと思っています。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。
ブログを書くモチベUPに成るので
(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代


該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽