ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★【心を病んだ人の介護】 側にずっと人がいない方が良いのかも





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

6月20の土曜日は
よたよた歩きしかできなかった元主人が
興奮状態で暴言を吐きつつ
うろうろ部屋から逃亡したので

110番を利用させていただいて
パトカーが2台もきちゃって ( ・ω・` ;)
おまわりさんがいっぱい来ちゃって
世間の皆さまが何事?
って感じで見てて大変でしたが、

あんなヨレヨレの状態で道路に出られたら
めちゃくちゃ危険なので
110番で正解でした。

1階まで降りてしまった元主人だけど
おまわりさんに囲まれて色々聞かれて、
「仕事があるので行かなきゃなんです」と答え

10分~15分ぐらい
おまわりさん5人に制御されて問答してましたが
そのうち、「疲れた」としゃがみこんで
そこからまた一歩も歩けなくなって・・・
おまわりさんが背負+抱え+補助など工夫して
部屋まで運んでくれました。



そして、その日は
朝まで横に付き添ってあげたけど

朝起きて1時間ぐらい経った頃に
『俺なんかおかしくなってたわ』
って前の日の事はちゃんと覚えていて

『おまわりさんいっぱい来ちゃったねぇ』と言うと
『うん・・・』って返事が帰ってきました。

退院して新しい住まいで環境が変わったのに
換気扇の点検とか、ガスの開栓とか、荷物とか、
見知らぬ人がいっぱい出入りして

あぁ、そうか そうかも
興奮状態に成った理由はそれだ~と
気が付きました。

元主人は長い間ずっと統合失調症で
引きこもり生活を続けてた人ですから
心を病んだ人の介護には
側にずっと人がいない方が良いのかも

なので私は試してみたんです。

玄関ドアの1m先に
15.6kもある重いたっちあっぷを置いて

隣の部屋の騒音バカ男のせいで散財した
厚み10cmの低反発ウレタン吸音材を
自分サイズにカットした品を全部持ち込み
Nantonaku 5-15 ウレタンマット到着 3
木製の120cm幅のキャンバスも持ち込んで
バリケートを作って

「これは○○さん貴方を守るためなのよ」
「前の部屋も同じ様な感じだったよね?」
と言うと納得しました。

元主人の前の部屋には、
木製の家具が全て解体されて
自分で作った巨大なバリケードが
玄関にあったのです。

そうして部屋から出られないようにして、
着替えの介助とお片付けにトイレなどの清掃とか
足の浮腫の包帯を巻き直したりしたら
その都度毎回 「失礼しましたまた来ますね」と言い

食事を持っていって置いて、
「また昼にご飯を持って来ますね」と言い・・・
そんな感じの繰り返しで、

部屋を出て自分の部屋に戻り、
ブログを書きつつ
気になる気持ちをぐっと堪えてました。

そしてコンパクトテレビが届いたので
設置したら凄く喜んでくれて・・・
夕食後の眠剤で眠りについたのが22時15分。

深夜の1時頃に、朝ごはん代わりにと
(ウイダーinゼリー 野菜ジュース ちょっとおやつ)
この3品を置いて布団をかけ直してあげて

私が自分の部屋で眠りにつくのは2時半頃
今日こそゆっくり寝ないと私が危ない。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。
ブログを書くモチベUPに成るので
(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代





該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽