ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★最悪のシナリオが 脳内をざわつかせてる





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

品が届き始めたので
少しずつ元主人の部屋を整えています。

* N a n t o n a k u *
届いたタイルカーペットを敷く
6畳と思ってたら 違ってました。


Nantonaku タイルカーペット かなり重くてしっかりしています。 1
そして・・・
今日は、
元主人の入院先の病院まで行く予定で、

肝硬変による
足の浮腫から出る浸出液をケアするための
包帯の巻き方ってのを教わるらしいけど

ちょっと・・・と言うか、何というか
正直にかけば、かなり抵抗があるかな。

私は日本人の5人に1人と言われる
割と普通でありふれた敏感体質のようだけど
嗅覚が特に敏感かもで

下の世話もそうだけども、
私はとにかく全ての生々しい匂いに弱い
それが最大の難関

浮腫による浸出液に
血液が含まれたら尚更に最悪で
かなりの血液恐怖症だから
私は人の血を見るとヤバい、
たぶんドキドキとクラクラが同時に来る、
作り物の映画でもそういうシーンは無理かも
( ・ω・` ;)

でも、私は
肝硬変の元主人が
実際どういう状態なのか把握できてなくて
何がどうなってそうなってるのかとか
どこまで酷いのか、
何が出来て何が出来ないのか
さっぱりわからない。




今の病院はコロナの影響があって
色々持って行っても
よほどの理由がないと面会はできない。

入院1ヶ月ちょいで何度も訪問してるけども
会えたのは
費用の問題でキャッシュカードを預かった時と
物件の契約書にサインをもらう時と
先日、使用不能に成ったキャッシュカードの復活に
銀行まで連れて行った時の3回だけで

その先日の3回目が、あまりに酷い状態で
めっちゃ驚いて
オロオロって感じで
昨日ソーシャルワーカーさんに相談したけど
大丈夫ですよとおっしゃるだけで、

プロからみた大丈夫と
素人の一般人から見た大丈夫じゃ
受け止め方がぜんぜん違うと思うんですよね。

私には私の生活がありますし
仕事をしないと生きていけないのだから
私に出来る事は少ない。

あの人のために生活サイクルを変えて
お洗濯をしてあげたり
たまにお掃除をしてあげたり
お買い物をしてあげたり

毎日朝昼晩の食事を用意して
ちょっとした話し相手に成ったり、

それだけでも、たぶんかなり大変で

私は家での仕事ができなくなる可能性が高く
そうなると、毎月の赤字は止められなく成り
いずれ私の生活は崩壊する可能性が高い。

そんな最悪のシナリオが
脳内をざわつかせてるのも間違いない。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。
ブログを書くモチベUPに成るので
(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代


該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽