ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★心を病んで障害年金生活の(元)主人の入居審査の結果





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア 

以前のブログで
シニアのひとり暮らしの物件探しは意外と難しい
という記事を間取画像つきで書きましたが、

(元)主人は心を病んでいて、
被害妄想もありますし不安症も凄くて
部屋に内ドアがないと駄目だとか色々あって
希望に沿う物件が全く無くて大変でしたが、

今回の(元)主人の緊急入院騒ぎは
なかなか深刻でございまして、

ゆっくり物件を探してる時間がなかったので
たまたま空いてた
私と同じマンションに決めましたが

こんな感じで部屋の内ドアが付いてませんから

私の部屋の押し入れ
自腹で
ドアを付ける工事を依頼することで
なんとか家主さんと折り合いがついたので

入居申し込みをして審査待ちでございました。

賃貸入居時の基本的な審査基準は
家賃の支払い能力があるか
トラブルを起こす心配がないかだそうで

心を病んでいる(元)主人の入居の審査待ち
May23,2020

(元)主人は無職で年金生活でございますし
無理かもしれないとかなり不安でしたが
入居審査は無事に通りました。



1番肝心な
入居時の連帯保証人を息子にしたから

入居審査がすんなり通ったのは間違いないと
予想しています。

11年ほど前に借りた
今(元)主人が住んでる物件の連帯保証人は
1年だけという約束で
会社経営をしてる知り合いに頼み
その後の2年目から
私が連帯保証人に成りまして今に至る訳ですが

今回の物件の連帯保証人を私にしていたなら
入居審査は間違いなく通らなかったはず。

それは5年ほど前からの物件探しで
嫌というほど痛感しています。

当時は息子に迷惑を掛けないようにと、
連帯保証人を私にして物件を探していましたが、

(元)主人は無職で、私は年収の少ないパートで
どっちも収入に問題があるし( ・ω・` ;)
希望する物件条件もうるさかったし
色々な事がとにかく厳しかったので
物件探しが難航してました。


やはり、
賃貸物件を借りるために最も大事な事は
家賃の支払い能力があるか
な、わけですから当たり前の話ですね。

とりあえず、
入居審査が通ったのでホッとしてますが、
急ぐので、これからちょっと大変です


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。
ブログを書くモチベUPに成るので
(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代




模様替えをしたのを機に
終活的な意味合いも含めて踏ん切りをつけて。


愛しいワンコの噛み跡の残った椅子

思い出の詰まった
愛しいワンコの噛み跡の残った椅子を
捨てる事にしました。

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽