ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★心を病んでいる(元)主人の入居の審査待ち ( - ω - ;)





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

ただいま、心を病んでいる(元)主人の
賃貸マンション入居時の審査中で
その入居審査が通った場合
賃貸契約をすることができるのですよね。

基本的な審査基準は
家賃の支払い能力があるか
トラブルを起こす心配がないか
この2つにしぼられるみたいで・・・

審査に必要な書類
【入居者】
氏名、年齢、住所、生年月日、電話、
勤務先名や年収 (給与や年金の証明書類など)
本人確認書類 (運転免許証とか保険証のコピー)

支払い能力の判断基準は
物件の家賃が
収入の3割以下である事。

【連帯保証人】
氏名、年齢、住所、生年月日、電話番号 
勤務先名、住所、電話、勤続年数、年収などで
連帯保証人の勤務先に
在籍確認の電話が入る場合が多いそうです。

新緑の候 って

今回の元主人の入居審査では
本人の氏名、年齢、住所、生年月日、電話と
年間のおよその年金額を書いて、
添えたのは免許証と保険証のカラーコピーと

息子(連帯保証人)の
氏名、年齢、住所、生年月日、電話番号 
勤務先の住所、電話、勤続年数、
おおよその年収(適当)

賃貸物件を探して物件を見に行って
賃貸業者に色々お願いしたり依頼したり
入居審査の書類を用意して渡し( ´ Д ` ) =3
やっとホットできて今日はのんびり過ごしてます。


入居審査が通れば
本契約なので

(元)主人の住民票とか
印鑑証明書を取りにいったり
書類に本人のサインをもらったり、

同時に、息子の所に行って
連帯保証人の契約書にサインをもらって
息子の実印証明書を発行してもらったりして、
それらのすべての書類が揃えば契約終了。

契約してからが大変で

心を病んで
被害妄想の激しい(元)主人にお洗濯をさせると、
今住んでる部屋のように閉め切った部屋で
室内干しでカビだらけにしてしまうので
洗濯機は買いません。
私が週1回、コインランドリーで
お洗濯をしてあげることにしました (๑•̀ㅂ•́)و✧

とりあえず
ブラインド 絨毯 ベッド テーブル 分別ゴミ箱
布団一式 照明 IHコンロ レンジ 冷蔵庫 
その他 生活必需品
で 15万円の予算

あとで 
テレビ台 テレビ 洋服の収納 その他
予算未定

これらのお買い物の全てを
私がしなくては成りません。

退院後にとりあえず新居に住まわせてから

現在住んでる部屋の荷物処分や清掃依頼
そして原状回復などに入るので
6月いっぱいはバタバタが続く模様です。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。
ブログを書くモチベUPに成るので
(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代



該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽