ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★【40万円】一時的にちょっとした費用を私が負担しなくてはなりません。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

先週少し書きました
入院中の(元)主人に
お金を引き出して欲しいと言われましたが

ちょっと入院パニックで混乱状態だった様で
教わったパスが間違っていたので
キャッシュカードが利用停止になりまして

肝臓病での入院による認知症のような症状とか
一時的な混乱とか精神疾患からくる妄想とか
色々なことが少し落ち着いてから
本人が銀行まで行って
停止解除申請の手続きが行えるまで

一時的に、
ちょっとした費用を
私が負担しなくてはなりません。

どっかのへや

予想外の出来事でしたが
これが実はなかなか厳しい。

入院費に関しては、先週すでに
限度額適用認定の届けを出してますので
支払額は下がり少なくて済みますが

退院の日には
自己負担限度額分を納入しなくては成りません。

(被保険者が市区町村民税の非課税者等)
✔ 自己負担限度額  35,400円+食事や部屋代
自己負担限度額  35,400円

緊急入院でしたので
入院セットの全てを私が買い揃えて
病院まで数回運び込んでおり、
✔ その費用が、30,000円弱。

あの人が、今住んでるマンションの
5月分と6月分の家賃と水道代金を
マンションの管理会社に入金しなくては成らなくて
✔ その費用が 91,000円。

新しいマンションの入居時に必要な金額が
想定していた金額より少し増えて、
✔ その費用が、250,000円ほど。

とりあえずの家電と家具とか
ブラインドかカーテンとか絨毯とか
✔ その費用に150,000円。以上
掛かりそうなことが解りました。




ここまでは、
あの人が退院するまでに
私が用意しなくては成らない金額で、

今住んでるマンションの原状回復費は
✔ 6月後半なので大丈夫って事で。

入院セットの一部とか、家電家具など
クレジットカードが使える分は全て
クレジットカードで支払う事になるので
支払いは来月6月27日なので大丈夫として

私が用意しないと成らないのが
40万円ほどの現金です。

ちゃんと生活できてるので問題ないけど
私にはまともな貯金がなくてね ( *´ ︶ `* )テレ

予備金という名のお金しか持っていないから

40万円を現金で用意する
というミッションはなかなか大変でございます。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。
ブログを書くモチベUPに成るので
(❀╹◡╹)ノ゙応援、よろしくお願いします。


PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代





手作りmarimekko LOGO BOXは
ちょっとした部屋のアクセント。


Nantonaku 私の部屋 2020 5-19 夜の写真 4

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽