ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★理由として考えられるのは 【性格の変化】





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

昨日こんな記事を書いたけど
目には目を 歯には歯を 
ψ(○ `∇´ ○)ψ

私の部屋の両隣の2部屋は、
某バス会社が社員の為に借りていて
住む人がコロコロ変わるので
どうしようも無いですね。

友人と行った三千院
友人と行った三千院

でも面白い事に
何気に慣れてきたから
それなりには何とか成ってます。

木造寮 鉄骨マンション 木造アパートと
若い頃のひとり暮らしの経験も有るし
新婚時代は10年もマンション暮らしで

隣の部屋の音が
聞こえていたのは間違いないと思うのだけど
若い頃は、お隣の部屋の音を
気にした記憶が全く無いんですよね。

何故
歳を重ねた今になって
些細な音でも気になるように成ったのか

( - ω - ;) ・・・

三千院 の に わ
三千院のお地蔵さん

理由として考えられるのは
性格の変化かな

幼い頃から感受性は高かったけど
若い頃は
強気な性格のほうが勝っていて
わりかし何でも大雑把で
何事にも適当だった部分が多いけど

どういうわけだか
50歳でひとり暮らしを始めた頃から
凄く繊細になったと思うし
ちょっと神経質に成ってきたかもで
色々な事に敏感になった・・・と
自分でも良く解ります。

敏感体質ってのは
生活環境次第で変化する。
https://www.google.com
敏感体質
感受性がさらに豊かになって
さらに敏感に成ったことで
感動が増えたのは
喜ばしい事だけど

気になる事が増えてしまう事もある
という・・・
敏感体質ゆえの諸刃の剣かな。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます
ランキングに参加して楽しんでいます
応援ありがとうございます。
PVアクセスランキング にほんブログ村

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽