ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★高齢な両親の介護問題 もしもの時の両親の思い





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

帰省中でございます。
10月31日(木)~11月4日(月)の5泊で
明日の11月5日(火)に家に戻りますが
新幹線に乗る前にブログの読者様と
15時に某珈琲屋で待ち合わせです。

2019 11 4 花の名前は解らない
秋の可愛い花 1

今回は結石問題が顕著でしたので
近所にちょっとだけお買い物に行ったのと
同窓会に出席する程度にとどめ、
ほとんど家に居て両親と話す機会が多く、
いろいろな話を聞きましたが、

父89歳 母84歳 
今はまだ、全く元気なものなので
当分は大丈夫かもとは思ってたりしますが、

予期せぬ出来事が突然起こって
寝たきりに成ってしまう可能性は
絶対に想定しておかなくてはならない。

どちらかが
寝たきりに成った場合どうするか、

姉は介護職なので介護のプロなんだけど
家族と自分の生活を支えるために
まだ当分は働かなくては成らないし
弟は自営業で気楽な物だけど
両親の面倒をみることは絶対不可能で
弟のお嫁さんは弟よりも19ほど年下で
大学で講師もやってたりするから多忙で
仕事は絶対に辞められないだろうから

ここ10年以内に
寝たきりとかに成られたら
周りにいる家族は絶対に困るだろうね。

秋の可愛い花 2

って事で、
母の考えを始めて聞いたけど
父が寝たきりに成っても母が元気なら
母が父の面倒を診る事はできると言ってたけど
父が寝たきりに成って母が元気じゃないなら
父を有料介護施設に入れる事に成るかもと言い、

そして母が寝たきりに成った場合が最悪で
既に癌の骨転移でまともに歩けない父は
母の介護が出来るはずがないから
母は自分が施設に入居すると言ったけど
父は自分の事がひとりできないだろうから

夫婦で入居できる施設に
ふたり一緒に入れたら良いなと
想定的な話をしてました。

要するに
弟や姉や私や、弟の嫁さんの
世話には絶対になりたくないと
はっきり言いました。

( 。ŏ ﹏ ŏ ) まあ ・・・

私が姑の介護を経験していたとしても
家で世話した期間は短かいし
胃ろうになってからは
医療療養病床みたいな所に
入所していただいていましたから
完全寝たきりの人の介護は無理かもだけど

私の気持ちとしては
複雑ではありますね。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます。

シニア日記ブログ 女性シニア
50代の生き方  50歳代 
60代の生き方  60歳代

PVアクセスランキング にほんブログ村



* N a n t o n a k u *

毎日のごはんとか
節約とか部屋の事とか、
遊びの事などを綴っています。

なんとなく NANTONAKU タイトル ロゴ


NANTONAKU 11-3 実家の朝ごはん 1

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽