ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★”孤独”は悲しむものではなく”楽しむもの”である。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

梅小路公園 京都水族館
あれ?( - ω - ;)
今のマンションに住んで何年だろうか

と、年数を数える時に
2年おきにある契約書類を見ます。

賃貸借契約書類を見ると
私は2010年11月に
ひとり暮らしを始めたっぽくて

賃貸借契約の更新は
2012年 2014年
2016年 2018年 と4回で、

私のひとり暮らし生活は
今月の10月を終えると丸9年となり

2019年の11月から
10年目に入るらしい。

部屋 植物 UNIKKO marimekko

ひとり暮らしを始めた頃は
自由の素晴らしさを感じて
めちゃくちゃ楽しかったけど

5年ほどで
ひとりに飽きてくると寂しさを覚えて
ちょっと困ったので、

人とのふれあいを楽しむ事にして
長い付き合いのネットの人と
会ってみたりしたのが2015年

その時から25歳、年下の
ボーイ・フレンドが出来たわけです。

人と遊ぶのはとても楽しいけど
ちょっと疲れるかも
と、その時に知りました。

そしてお互いの状況が変わって
遊ぶ頻度も減ってきたので

趣味にインテリアを始め
それに夢中に成り、

再び、自由の素晴らしさを再認識しつつ
ひとり暮らしを楽しんでる真っ最中。


lifestyle.blogmura
* 60代を 自由に生きる *


梅小路公園 京都水族館と 1


孤独は
悲しむものではなく
楽しむものである。

自分だけの世界観を守りつつ楽しんで

たまに人と触れ合って

人の世界観にちょっと触れてみて

自分自身を磨いていく。

最高 (๑•̀ㅂ•́)و✧


にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

ご訪問ありがとうございます

応援もよろしくおねがいします。

PVアクセスランキング にほんブログ村



* N a n t o n a k u *
なんとなく NANTONAKU タイトル ロゴ

毎日のごはんとか
節約とか部屋の事とか、
遊びの事などを綴っています。

NANTONAKU 10-26 コンセントのくびれ部分からジジジ音で超危険レンジが使えずひっついた冷凍餃子2

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽