ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★両親とひ孫と 私と息子と孫の お話 ( Φ ω Φ )





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

青空に切なくも枯れ行く樹々 1

そう言えば昨日頂いたコメントに
私の両親に、
『ひまごちゃんを会わせてあげてね』
というコメントが有りました。

実家の両親が
京都まで来るのは無理です
89歳の父は骨転移でまともに歩けません。

私ですら
年に2~3回のたった数分しか
孫に会った事がないのに( - ω - ;) 
誰が会いに来たとしても
なかなか難しい事かも知れません。

例えば一番下の孫は来年小学生だけど
生まれてから会えた回数は5回 
合計10分以下

3人共、もう少し成長して
大きくならないと無理でしょうね。

私の生活スタイルは
普通では有りませんから
どうしようも無いかなと思ってます。

そんな事は
昔からよく知ってるから
息子は気を使ってるのでしょうし、

お互いに気を使いあった結果
こんな感じになってるのだと思うけど

たまに孫を連れて、
勤め先に来てくれるだけで
私は満足出来てますので
大丈夫 (๑•̀ㅂ•́)و✧ 

でもって実家には、
孫や、ひ孫の写真だらけなので
そっちも大丈夫な気がしてます。

2016 11-25 恵那駅 3

まあ、勤め先のお店には
仲の良いちびっ子がいっぱい居て

毎日、勤め先で会う
小さい子ってのは
笑顔の人が大好きだから
直ぐに仲良しに成れるのだけど、

自分の孫の場合は頻繁に会えない分
打ち解ける何かってのは全く無く

ある日突然、
お店に連れてくるものだから

私は
孫と、どう接していいかサッパ解らなくて、
顔が引きつりそうに成っちゃいますから

コミュニケーションが難しいの。
( ・ω・` ;) 


ご訪問ありがとうございます。
にほんブログ村 シニア日記ブログへ 

PVアクセスランキング にほんブログ村




* N a n t o n a k u *
なんとなく NANTONAKU タイトル ロゴ


なかなか片付かない
部屋の隅っこ
NANTONAKU 09-29 なかなか 片付かない部屋の隅っこ 2

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽