ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★いずれ解る日が来る 【孤独を楽しむという幸福】





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

このブログは
私が経験して思った事を
真面目に書いたりもするけど

真面目に書こうとすると
ちゃらけた文章ではなく
超~堅い文章に成っちゃうので
よろしくね ( *´ ︶ `* )

京都駅ビル 青空

私は今年
還暦の亥年を迎え
今年の秋には60歳に成り
11月になれば
ひとり暮らし生活が丸9年。

世間一般的な考えは
=======================
ひとり暮らしは寂しそう
ひとり暮らしでお気の毒ね
=======================
そんな感じだろうけど
実はそうでも無さそうですよ。

いずれ解る日が来る 
孤独を楽しむという幸福感

結婚していて
付き合いの長い伴侶がいても
いずれ、いつの日か
どちらかが先に逝ってしまう
そうなると残された人は
孤独という空間に投げ出される

結婚していて、その後、
何かしらの事情があって離婚しても
同じことで。

そもそも、
結婚したくなかった人も
結婚できなかったから独りでいる人も
同じ事で

さらに、それらには当てはまらず
2世帯3世帯で、夫に息子夫婦に
さらに孫までいる様な
賑やかな生活をしていても
孤独を感じる人は多い

そんなのは
現代社会においては極普通のことで、
例外なく全ての人が
孤独を感じる日があるはずで
そんな事があると解ると思うけど

意外にも・・・
ひとりは楽しい

京都駅です

この世に生んでくれた両親だろうが
生涯を誓いあった愛しき人だろうが
最愛の我が子だろうが誰だろうが
年令に関係なく
人を支える立場にいると
疲れる事がある

疲れてきたと感じても
人の為に生きるのが幸福
と、刷り込まれてるものだから
人は人に尽くすけど

たまの独り時間が、
凄く楽しいと思えてしまう時がある。

https://www.google.com
孤独を楽しむ幸福

強いから 
ひとりで生きられるのではなく
実は真逆なのかも

若い頃からずっとひとりの人も
たくさん知ってるし

還暦間際でひとりになった人も
たくさん知ってる

いずれ誰でも
孤独を感じる日が来るだろうけど
大丈夫です

ひとりは意外に幸せ。


ブログ村と人気ブログランキング
どっちもよろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

ランキングに参加して楽しんでます
ありがとうございます ( *´ ︶ `* )
PVアクセスランキング にほんブログ村


ブログ村ーマ
日常の小さなできごとを愛する生活

50代からの自分を楽しむ、暮らしを楽しむ

50歳からのシンプルで楽しい生活♫

* 50代を 素敵に生きる *

残り物をランチで
NANTONAKU 07ー15 前の日の残り物をランチで食べます 2

❐衣食住 生活の記録
(私の部屋とか食事内容とか)
* N a n t o n a k u *
なんとなく NANTONAKU タイトル ロゴ

❐ぶつぶつ つぶやく私の脳内
* 50代と60代を語る私の脳内 *

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽