ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★何故、今の私には思い残す事が無いのか。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

2016 8-20 京都大原~三千院へ 4
京都大原三千院
今日の私の気持ちを
文章にするのはちょっと難しいかな
と思いながらブログを書き始めます。

私が、
たまに書く言葉があります。
2013年8月24日18時10分
突然、思いついて、
このブログを書き始めた時の
最初のブログでも
似たような事を書きました。
==========================
私には思い残す様な事が無い
==========================

それって、
すべてをやりきったからとか
やり残した事が無いとか
幸せな人生だったからとか
そんなありきたりな事では無いのかもと
思えたりしています。

人類繁栄という本能に流されて
結婚して息子が生まれ孫が3人
それだけで満足したとも考えられない。

なら何故、
今の私には思い残す事が無いのか。

私は思い通りの人生を
自分で作り上げたから。

2016 8-20 京都大原~三千院へ 6
京都大原三千院

今の私の
人生最終期のひとり暮らし生活も、
結果的には、
私の思い通りに流れてたどり着いた
望み通りの人生だと思えてるのです。

予期せぬアクシデントが有る度に、
人生の軌道を
自分で調整した結果が
今の生活なのかもという話です。

こんなに簡素に書いてしまうと
何が何だかよく解らないだろうけど。
誰もが
似たような物だと思うのですよね

それが上手く出来るか出来ないか次第で
予想外の方向に流れてしまって
流されたまま、人生を終えてしまえば
悔いが残る。

どの時点で満足するか、という
自分の意識改革も
大事なのでしょうけどね。
2016 8-20 京都大原~三千院へ 11

このブログを見てる多くの人が、
ブログ主は、離婚して、家を無くして
ひとり暮らしの孤独生活で
お気の毒、と
思ってたりすると予想してるけど、
実はそうでもないのよね。

家を売る話が決まった時、
私は心から喜んだし
あの人から離婚を切り出された時
私はちょっと悔しかったけど、
実の所、息子を守れるとほっとしたし。

殆どの品を捨てた引っ越しの日、
私はスキップしたいぐらい
嬉しかったから
引越し作業が苦にならなかった。

そして全てから開放された
ひとり暮らしの初日、
私は最高の幸福感を感じました。

私の人生は、
予想外の出来事に
かなり乱された人生だったけど

意外に思われるかも知れないけど
波乱なる人生は刺激的で

予期せぬ出来事があるからこそ
人生は楽しい

幸福な時代の日常の多くを
忘れてしまう事が多いけど
苦労したけど頑張った頃の記憶は
今の私を時々楽しませてくれる。

苦労の時代が有ったから
今の私が有るのだから
感謝しても良いぐらいの気持ちです。

この先もきっと、
大変な人生が待ってるはずだけど
私は適度に楽しんで生きて参ります。

ブログ村と人気ブログランキング
どっちもよろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

ランキングに参加して楽しんでます
ありがとうございます ( *´ ︶ `* )
PVアクセスランキング にほんブログ村


ブログ村経済テーマ
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること

ブログ村シニア日記テーマ
シニア・中高年日記

ブログ村ライフスタイルテーマ
中年の今想う事語れる事

ブログ村 ライフスタイルテーマ
素敵な大人のシンプルライフ


❐衣食住 生活の記録
(私の部屋とか食事内容とか)
* N a n t o n a k u *
なんとなく NANTONAKU タイトル ロゴ

❐ぶつぶつ つぶやく私の脳内
* 50代と60代を語る私の脳内 *

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽