ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



★あの頃の私は酷い最低の人間だった





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

お仕事前のブログです。

今日は暖かいなと思ってみてきた、
全国の気温の差が激しすぎ。
北海道とか九州とか同じ日本なのに、
凄い気温の差が激しい・・・

(参照*http://weather.yahoo.co.jp/weather/)
2014-2-24.gif
毎日起きると必ずここは見ます。

勤めに出る前の天気も気に成るけど、
帰宅時の天気が気に成りますからね・・・
お洗濯を毎日必ずシャワー時にするので、
毎日干して有りますから

今日の朝ごはんは
昨日買ってきたワンタンスープ。
2食入りなので、翌日も同じ内容にはなるのです。
今日は菜の花を入れて見ました。
この品は半額ではなく、30%OFF品。
それと、蜂蜜バターを塗ったパン。

2-24蜂蜜トーストとワンタンスープ

今朝は言うほど食べられず、
ワンタンスープは半分残しました。
元気が無いわけじゃなく、パンが多すぎたかな・・・

骨にカルシウムのまとめ買いが、
最後の一袋になったので、
これは増税前に大量に大人買いしそう(笑)

応援して頂けるとうれしいです
ヽ(=´▽`=)ノ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
私のブログ村のランキングを見る場合▼は
Myプロフィール

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link



夢ね・・・
脳に余裕があると、
毎日見てる夢を覚えてるそうで、
たまにその夢が自分を責める事がある。
もう見たくない夢がある

あの頃の私は
酷い最低の人間だった


それを、
今になって悔い改めろと言って夢にでてくるの?

自分で、あの頃は本当に
ごめんなさいと反省してるからなの?
どうして
何度も何度も夢に出てくるの。

私が30歳の後半から、
旦那の母親が痴呆になり、
痴呆の介護は簡単な物ではなかった。

後半期は毎日が地獄
私は精神を病んだ旦那様の
面倒も見なくては成らなくて、
それでも痴呆の介護からは逃れられず。

苛立ちもたくさん有った、
ぼけてるから本当に毎日が酷くて、
ご飯を作っても全部捨ててしまったり、
オムツを脱いでしまって家中悲惨だったり、
徘徊して何度も何度も探しまくったり、
警察や救急の世話にも何度もなったり、
意地悪なことも何度も何度もされたし、
私を家政婦扱いしてくる義母に対して、
私も酷い扱いをしたこともたくさん有った。

私が30代の後半から、40代の後半までの、
永い永い、痴呆介護は、まさに地獄だった。

それでも、最後まで世話をして、
最後に看取ったのは、私だけなのに。

亡くなった今になっても、わたしを責めてるの?

それとも、
それは私の心がいまだに反省を抱えてるから?

これ、いつまで反省すればいいの?
いつまで夢に出てくるの・・・
一生?私は死ぬまで、
時折こんな思いをしなくてはいけない?

もうそろそろ勘弁して欲しい。
まじで・・・

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽