ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★内容は多種多様ですが今後ともよろしく。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

行く時に見てた映画を、
帰宅して続きを見て食事
Gyao無料配信していた 
『瞬 またたき』と言う映画
交通事故で愛する恋人を
亡くしてしまう映画でした。

最近では特に、
心に訴えかける映画には弱くて、
涙なくしては見れなく成りました。
と言う事で、いっぱい泣けました。

無料のようなので、
無料配信がいつまでかはわかりませんけど、
お時間があればどうぞ。
無料動画GyaO
http://gyao.yahoo.co.jp/

私はテレビを持っていませんので、
テレビをみる事は有りませんが、
映画は好きですので、
今は無料動画系を良く見ます。

二重(2人)介護を強いられ、
大変だった戸建ての時など、
映画を見る余裕すらありませんでしたね。

そう・・・思い出してみれば幸か不幸か
今は自分の時間がたっぷりある
たっぷりありすぎですけど

今日の夕ご飯は、朝の残りの鮭と、
作ってみたけど荒くカットされたミンチでの、
牛そぼろがイマイチすぎたので、少しアレンジしただけ、
それに肉ワンタンスープを作っただけと言う簡素さ!
ワンタンスープも野菜いっぱい入れると美味しいですね。

出来立てなので、湯気で写真がもやもやに成った!

2-23湯気で写真が~の

ご飯は、いつもの・・・
黒の雑穀米と21世紀のミックスご飯。
 

昔は、家族が居る頃は・・・
もっとまめに、色々と作っていましたけど、
ひとり暮らしになってしまうと、
どうしても、手を抜いてしまいますね。

特に料理は、人が美味しく食べてくれると、
嬉しい気持ちで幸せな気分に成れる物かも。

たぶん、もう二度と
人の食事を作る機会は
無さそうですけどね。


一人の自分だけの食事を作るのは、
ほんと寂しい物です。

応援して頂けるとうれしいです
ヽ(=´▽`=)ノ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
私のブログ村のランキングを見る場合▼は
Myプロフィール

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link






2013年08月24日 (土)
に、このブログを作りました。

今日は、2014年02月23日 (日)ですので、
ブログ開設から半年

まる半年ちゃんと
ブログを書き続けた事に成りますね。

ネットは結構長くて、
ブログもいろいろと持ってきましたが、
休まず毎日書いてるブログは実は始めてかも。

どうしてだろう。
自分の事をマジで書く日記は続くんだろうかね・・・

今までの日記とか・・・
書く事自体もあまり楽しくは無いことも
多かった様にも思うかな?・・・
体裁ばかりのブログが多かった気がする。


毎月1回、この時期に
プロローグとして分類して書いています。

本日 『ブログ開設から半年』 が経ちました。
 
このブログは、
本当に色々な事を書いています。


それは日々の生活の中で
ふいに書きたくなった事とか
つまらない内容のことも多い、

私が生きていく過程で得た、
情報だったりする場合もあれば、
つまらない日常を羅列するだけの場合も多い、

ブログは自分の自己主張の場でもあるし、
ブログは自分の何かのはけ口でも有る。

過去に経験してきたことや、
過去の苦しかった思いも、
書いてしまうことで、
私の中で、何かが吹っ切れていける気がして書く。

取り留めも無い、
ひとり言だけの場合もある。

うーん?
私の場合
このブログは、
自分の為に書いてそうな
気がしないでも無いです


そんなブログに・・・
お付き合い頂きありがとうございます。
内容は多種多様ですが今後ともよろしく。

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽