ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準



今日の夕飯は上出来の54円(★画像付き) と、「過去の品を処分するたびに、心が軽くなっていく私」





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

まあ今日は上出来だったので、

2夜連続で夕飯画像だわ・・・(笑)

9-10

から揚げの鶏肉が半額だったので・・・71円
(*夕飯分は半分の36円
得意のたまねぎ29円の半分を使い・・・15円
(*夕飯分はその半分8円
キャベツは角切りにしたつもり(笑)・・・約10円


から揚げにたまねぎをからめて揚げると、
上の写真のようにいっぱいなんで~
残りの半分は明日の昼ご飯です。

ご飯は黒の雑穀米入りの、
ポイントでゲットしたお米等なので0円です

【無料ご飯ゲット記事についてはこちら】


なので・・・

今夜の夕飯分は、54円で出来てます。



ま・・・じゅうぶんです!



ってことで、夕飯を平らげた後です(笑)



一人暮らしになって、結構長くて、
2年と9ヶ月ぐらいだけど?
もうすぐ2年10ヶ月かな?

今月は末頃の予定で、
3人目の孫が生まれるらしいので。

おばさんというより、

どっぷりおばあちゃんなんですがね? (笑)



トップの御挨拶でも書いたけど、
---------------------------------------------
女に生まれて、孫まで出来たら、
なんていうか???もう・・・
思い残すことは無いんじゃないのと思えてしまうよ。
---------------------------------------------

これは本当の事で。

すべてやりきった気さえするので、
もし突然、今死んでしまうことになっても。


思い残すことなし!! って思ってるよ。


でも人間は、生への執着がやはり大きいので、
根性で99歳までは生きてやろうとは思ってるけど、



行動は相反して、



部屋を掃除するたびに、
身辺の不要なものは、
どんどん整理して捨てて行ってる。


家をなくしたときに、
もうかなりの品は捨てたけど、

さらに不要なものはどんどん捨てて、
心も身軽になろうとしてる私がいます。

ぽっくり逝ってしまったときに。
後が楽なように等とも考えたりも有るけど・・・





なんていうかな・・・

不思議なんだけど


過去の品を処分するたびに、・・・
心が軽くなっていく気がするのだよ。

過去にぶら下がっていても、
きっとろくなことは無いだろうと思うのだよ。





まさに、これかもしれないと思っています。

大事なのは、今とこれからの自分かも・・・


ではまた!

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽