ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★人生最終期のプア充 に 適度な自己満足





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

人生最終期の
プア充も
悪くないかもと思う今日このごろ

https://ja.wikipedia.org/wiki/
プア充
収入は低くても充実した生き方

無理していっぱい働かずとも
生活できるだけのお金があれば
良いという事で、
自分の趣味とか
楽しみとかを大事にして生きるという
素敵な生き方の事のようです。

若い頃には
考えたことも無かったけど、

ほどほどに働いて
楽しい人生を過ごしたい

ひとり暮らしを始めて
借金を返し終わった頃から
私の生き方は
そんな感じに成ってます。

私の若い頃の金の使い方は
今思えば無駄だらけだったけど
若さは馬鹿さなので
あれはあれでまあ仕方がないけど

歳を重ねた今は
無駄な物はできるだけ排除して

適度な自己満足を得られる範囲内で
日常を楽しむことにしてる。

以前も少し書いた
私のマイルール
=======================
8時間働き 8時間やすみ
8時間 生活を楽しむ 
=======================
働く時間の中には通勤時間も含み
家での仕事や、収益を生み出す
ネット時間も含まれる。

生活を楽しむ時間の中には
シャワーも洗濯も掃除も
ネットコミュニケーションも
食事を作る楽しみも食べる楽しみも
趣味も内装も裁縫も、お出かけも
通院もと、何もかもが含まれてる。

最近の私は少し
更年期による色々がきついので、
そのバランスが
少し崩れて
やすむ時間が増えてはいるけど

今の私は無理をしては成らないと
自分でちゃんとわかってるので
無理は絶対にしない
当たり前の事だけど
婦人科の医師にもそう言われてる。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3004208994132446"
data-ad-slot="5360990163">



2017 10 26 友人と お買い物と食事とお茶 7

上で書いた
適度な自己満足の事を少し書くと

食事の際の食器に
少しこだわる事

テキスタイルブランドの
marimekkoを楽しむ事

どっちも数千円で楽しめる
適度な自己満足
ということに成るかな。

例えば
marimekkoはテキスタイルブランドで
 

生地がお安く売っているから
生地を買ってバッグを作れば

2,000円~3,000円とお安く
marimekkoブランドを
楽しむことが出来る。

そして、ARABIAやmarimekko食器
 
1枚3,000円のプレートは
普通の食器に比べたら少し高いけど、
丁寧に30年使う事を考えれば
無駄な買い物とは思えなく成る。

ちなみに私は、
円を使ってそれらを買う事はまず無く
楽天ポイントでしか
買ったことがないという落ちです。

裏を返せば
楽天ポイントだから
買う気に成っただけの話です。

適度な自己満足を得るのに
お金が必ずしも必要とは限らず、

これは
家にあった生地に模様を描いて
縫製した自作カーテンです
手描きにも飽きたので 終了 1

お安い100均プレートなどに
自分で
絵を描いた食器も大活躍中です。
手描きプレート

私は大した人間ではないから
偉そうなことは書けませんけど

私の経験から言えば
自分の幸福感とか
生活の充実度合いって
自分の意識と行動次第なのかも。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

ありがとうございます
ブログを書く励みになります。


該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽