ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 自由に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★お客様が貴女のファンに成るような接客を、と





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

下腹部痛と
足腰の痛みがあるので
今夜も鎮痛剤

鎮痛剤を飲むことは
滅多にないのだから
痛みでしんどい時は飲む事にした。

今日はちょっと
お酒のお話

自分では買うことはない
まあまあ良いお酒
京都府産 月桂冠 純米大吟醸
パート先のお客様に頂きました。

月桂冠 純米大吟醸 1

https://www.google.co.jp/
日本酒には
賞味期限が書かれていない


私も知りませんでしたが
その人も知らなかったようで

何やら
期限が過ぎてたとかで頂いたお品だけど、
お酒は古くなると
まろやかさが出るとか申しますので
期限が切れても美味しく頂きますわ
などと言って、
笑顔で気軽に頂いて来ちゃいましたが

帰宅してから開けて見たら
賞味期限ではなく製造年月

勘違いのようなので
お返しするか悩み中です。

書かれていたのは
製造年月
これは間違いやすそうです。

月桂冠 純米大吟醸2

以前も、
戴き物だけど自分は飲まないからとかで
高価なお酒を頂いたりしてる人だけど

賞味期限・・・云々といえば
私が気軽に受け取るからそう言ったのか
単純に、ただの勘違いなのか
真意は全くわからないのだけど

どうしようか
本気で悩み中です。

とにかく、私は
人から色々ともらいやすい人なので
受け取り方とか
その後の対応も慣れたものだけど
今回のような場合は
ちょっと考えちゃいますね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3004208994132446"
data-ad-slot="5360990163">



10年ほど前に
今のパートの面接に行った時

その時の面接は
かなり出来ると評判の店長さんで

お客様が
貴女のファンに成るような接客を
と言われたのを
今でもしっかり覚えていますが

スーパーのパートでそんな事を、と
ちょっと不思議な気がしたりはしましたし

私は長い間、引きこもり自営業で
人と接するのが苦手で
接客は無理だと思っていたので
面接時の私の希望は
実は品出し業務でしたが

それを言う前に
面接時に、
計算問題などのペーパーテストがあり
それらを終えて結果が出た後
面接当日に速攻採用されまして、

希望はありますかと聞かれて
品出しですと伝えたのですが

とりあえず
レジサービスからねとか
適当な事を言われて
10年ほどそのまま(;´Д`)

今じゃもうベテランの粋にあり
お客様に愛される接客のツボも
ほぼ完全に取得してるような気がします。
https://www.google.co.jp
お客様に愛される接客

要するに
思いやりとか、心遣いや気遣いに
無理の無い自然な笑顔と
的確で丁寧で素早い接客。

すでに数年前から
お客様がファンに成るような接客ってのも
充分過ぎる程に解ってまいりましたので

今じゃそれをフル活用中という
ちょっと、ずるい考えすらも
持ち合わせてる有様ですが

愛想が良いならお客様は良い気分で
優しくしてくださるのだから
私も楽しく接客ができる訳で

私は、それはそれで悪くないと
思ってたりします。


ヽ(・ω・`)ポンポン
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
ご訪問ありがとうございます
よろしかったら応援ポチしてください。


学ぶ事の多い
有るブロガーのシンプル生活 (´゚д゚`)びっくり


NANTONAKU パソコンの 裏側

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽