ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★息子と 私の距離はちょっと遠かったけど





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

今日の写真は
京都駅ビル 空中径路
東側から入り西に向かうのがお薦め
上に見えてるのが
空中径路
京都駅ビル 空中径路 1

京都駅の北側は
空調設備が
それなりにはなされていても
閉め切った空間ではなく
夏には熱気のある空気が
流れ込むから
そんなに涼しくはないけど暑くもない
程よい感じに成っております。

京都駅ビル 空中径路 2

実は
この空中径路を
知らない人が多いらしくて
土曜日なのに人が少ない。

京都駅ビル 空中径路 3

京都五山送り火も見えそうな
超穴場なのだけど

五山送り火鑑賞会と称して
抽選で350組 700名様ご招待って事で
7月の中頃に抽選会が終わっていて
招待券がない人は入れません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3004208994132446"
data-ad-slot="5360990163">


京都駅ビル 空中径路
京都駅ビル 空中径路 4

ということで、今日というか、
すでに昨日ですが
息子に会いに行ってまいりました。

親子間の距離を
縮めるために必要な物って、
コミュニケーションしか
無いのかも知れないけど

急激な時代の流れ的な
ギャップが激しくて

今の時代は、
親子間のコミュニケーションが
なかなか難しいわけで

親子間の距離を
少しだけでも縮める努力ってのは
親と子、双方に必要なことなのかもだけど

その程よい距離感を
良しとしてる人も多いわけで

私もそんなふうに思ったりしてる。

要するに・・・
親も子も、己の生活や
生き方を守りたい人が
増えてるのだと思いますが
私はそれで良いと思うのです。

息子と私の距離は
ちょっと遠かったけど

親子なんだから
お互いの事を知ることで
気持ちで、ぐらいは繋がっていてよ

そんな思いから
この私のブログを
息子に教えて来ました。


ヽ(・ω・`)ポンポン
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
ご訪問ありがとうございます
よろしかったら応援ポチしてください。


私の死後 遺品整理が簡単に成るように
本気の断捨離 


NANTONAKU テーブルの下の収納 とても美しいとは言えないけど便利 1

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽