ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★心理カウンセラーより





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

公休日のブログです。

深夜もずっと雪が降っていたらしく、
朝起きると一面雪化粧で、
今もまだ何かが降ってる。
とても冷え込んでる朝でした。

公休日で良かったなと思ったりしました。
今日も一日中家に引きこもって内職でもします。
自分が好きなものを作ってるので楽しいのです。
(内職というか手作り作品です)


今日の朝昼兼用ごはんは、
半額でゲットしていて忘れていた
野菜セットその②編を、
餃子と共に焼いたのですが、
一緒に焼いたのは初めてでしたが、
これがなかなか美味でした。

一緒に焼くと餃子のうまみが、
野菜にも行き渡って美味しい・・・
と、残り物のかぼちゃシチューに
カレースープのロールキャベツ、
まだ有るのと言う感じですが、まだ有ります

2-8冷凍半額餃子野菜

同じ食べ物が続くと流石に、飽き飽きします。
しかも、もう3日~とかあるんじゃ・・・
なら少量作ればいいじゃない!確かに・・・


応援
して頂けるとうれしいですヽ(=´▽`=)ノ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 
私のブログ村のランキングを見る場合▼は
Myプロフィール

ブログ村テーマ
* 50代を 素敵に生きる * 50代を考え暮らす
すばらしきかな50代 プアラフィフの日常


Sponsored Link





前にも少し書いたことがあるのですが、
私はネットでも人の心は救えると思う事がよく有ります。
心が不安定な人が、相談する相手を間違えないなら、
ネットにすがってもいい場合も多いと思います。


私は、ネット生活が永いので、
ネットで色々な人と出会います。
主に今やってるゲーム関連で知り合う人が多いので、
相手は息子ほどの歳の若い子達が多いです。


案外ネットにも心を病みかけの人が多く、
ほっとくとやばい感じの人も居たりします。


その中で、ゲームの中では付き合いの長い、
とある、若い男の子と、今は良く話します。
息子と同じ歳ぐらいの男の子です、
とはいっても、知り合ったときは十代でしたが
今はもう、確か・・・29歳ですね、
10年以上のゲームでの付き合いの人と、
言うことに成ります。


ネットやリアルで色々とあった様で、
ちょとした接点があってリアル話を聞くことになった頃は、
かなり心がやばい状態で、
パニック障害まで進んでしまっていました。


そんな・・・
息子と同じ歳ぐらいの子の、心が危なそうなのを知ったとき、
母性本能というのか、なんだろうか?
ほっては置けないなと思いました。
旦那様の一件があるからでしょうけどね・・・



日本には、色々な心理カウンセラー的な物があり

(参照*http://ja.wikipedia.org/)
日本の心理学に関する資格一覧

実はその種類や数は、あほみたいに多い
言い方も呼び方も様々で、団体によって全く異なります。


概要一部抜粋
==================================================
日本では、心理士、心理カウンセラー(相談員)、
心理セラピスト(療法士)などの心理職には
国家資格が存在しない一方、
民間の心理学関連資格は多数存在する。
「○○心理士」「○○カウンセラー」「○○療法士」
など名称は様々である
==================================================


永い間、旦那様の精神疾患の介護を行ってきた私は、
そんなカウンセラーと言う人や医師と旦那様との会話を、
数年間、何十回も聞いてまいりました。

病院に勤務するカウンセラーなどは実に事務的で、
時間内にどれだけ聞いてあげられて、
時間内にどれだけアドバイスできる?

微微たる物でしかない。
人の心は、そんなに簡単じゃない・・・

人が人を本当に救おうと思ったのなら、
1時間でも2時間でも、半日でも、一日でも、
一週間でも、一ヶ月でも、
本人が納得できるまで、
じっくり話を聞いて上げられないと、
結局は、焼け石に
水なんだなと実感した数年でした。


そんな、
旦那様と医師やカウンセラーの、
やり取りを見てきた私は、

金銭面が繋がりあうカウンセリングよりも、
身近な家族や、恋人や、友人や、知人の、
心温かい言葉のほうが、
数万倍優れたアドバイスが
出来ると思えてならない。




なのに、無知な回りのそんな人達は、
病気について知らないものだから、
「がんばれ」しか言えない。


私がそうだった、
旦那様の心が壊れた時、当時は私が無知すぎた。


旦那様を救ってあげられなかった私は
永い永い闘病生活を共にしてきて、
色々な知識を得た今
その経験を生かして行けたらと思っている。


そして今は
私の身近に居る精神を病んだ息子ほどの歳の子を、
何とか救ってあげたいと思っています。
もうずいぶんいい方向に進みましたよ・・・
服薬も減らす方向のようですよ。

自分で、今、思う事が有るのですよ、
そこらの心理カウンセラーより、
私の方が、優れてるのじゃないのって

過去の苦い思いをかみ締めつつも、
少しでも、
人の役に立てるのならいいなって思う

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽