ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準





Index LINK
全ての記事の表示
60代を 自由に生きる2

burogumura テーマ
* 60代を 素敵に生きる *

* 50代を 素敵に生きる *

ブログランキングアイコン

PVアクセスランキング にほんブログ村

★わび・さびが 還暦間際の私の心を少し揺さぶる。





blogmuraカテゴリー 60歳代 女性シニア

毎年賑わう祇園祭

京都祇園祭宵山 2016 7月16日 2

16日が前祭の宵山で38.5℃
17日の最大の見所、山鉾巡行日は
午前中で35℃だったそうです。

この後もまだ
祇園祭は続きます。

7月18日~7月21日 後祭山鉾建
7月21日~7月23日 後祭宵山
7月23日 煎茶献茶祭 & 琵琶の奉納
7月24日 後祭山鉾巡行 & 花傘巡行 & 還幸祭
7月25日 狂言奉納
7月28日 神輿洗
7月29日 神事済奉告祭
7月31日 疫神社夏越祭

祇園祭2018 日程表
京都観光情報

私は京都に長く住んでおりますが
住んでいると、
いつでも行けるという適当な思いから、
つい先送りと成っておりましたが
時間的な余裕とか
金銭的な余裕が少しだけでもできたら

7月1日~7月31日の
祇園祭イベント全てを
コンプリート見学してみたいですね。

とは言っても
交通費だけの問題ですが

京都も広いですからね、
私のところから市街地まで行くには、
それなりに時間もお金もかかります。

(;´Д`)

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3004208994132446"
data-ad-slot="5360990163">



京都大原 三千院
2016 8-20 京都大原~三千院へ 6

若い頃は、
日本の美意識的な感覚の
わび・さび、に
何の興味もありませんでしたが

静かに流れる時を刻む大自然と
永い時を経て歴史を刻んだ建築物などに
(いにしえ)の時の流れを空想させる
何がが有って

それなりに世間を知りつつも
まあまあ苦労して生きてきた
還暦間際の私の心を少し揺さぶる。

多分、誰でもが似た感じで、
歳を重ねると
神社仏閣に訪れる人が増えると言うけど
宗教的な意味合いだけでは無いと
私は思います。

私は完全なる無宗教者です。

なら・・・
何故
私は時々その理由を考えるわけだけど

以前も書いた事がある
祖先から受け継がれた
遺伝子的記憶のせいかもと
そう思うと 何気に
ちょっとロマンチック


個人的には
細胞レベルの遺伝子の記憶は
間違いなく行われていると感じます。

2016 8-20 京都大原~三千院へ 4

細胞レベルの記憶の子孫伝達
August21,2016  三千院

遺伝すべく細胞DNAその物に、
記憶が刷り込まれて居るのではないかという
細胞レベルの記憶の子孫伝達

単に私が、そう思う感覚なので
ある気がする、
という程度の物で

そんな物は
誰にも証明できやしないけど
そんな風に思うのも悪くない。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 
ランキングに参加しています
ブログを書く励みになるので
よろしければ応援してください。


丁寧な暮らし&
片付けられるように成った きっかけ


2017 5-26 ウッドカーペット移動した後で壁の漂白2

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽