ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

今までの人生を振り返りつつ 私の生き方を綴るブログです。

1億の家から1間生活へと
私の幸せの基準


Index LINK
全ての記事の表示


★私と息子の距離もそんな感じかも



blogmuraカテゴリー50代の生き方 丁寧な暮らし 女性シニア

田舎の田園風景 3

父の骨折の術後の
一時的なせん妄も解けたようですが

大腿骨骨折のリハビリは重要らしく
術後せん妄が残ってるときから
リハビリは始まっていたようです。

病気の有るなしにかかわらず
高齢者の大腿骨骨折は多いそうで、
リハビリをしないと歩けなくなったり
寝たきりに成ったり
寝たきりに成れば
認知症にもなりやすいと
悪循環らしいから
リハビリはしっかりするのが良いそうで、

前立腺癌の骨転移については
高齢者の癌の進行は遅そうだし
骨転移が有るから
命への危険が有るというわけでも
無さそうなのでひと安心

早めに
お見舞いに帰省するねと言っても
母は無理しなくて良いよと言うだけで

田舎の田園風景 2

相手の心を読むのが上手い
と言われるHSP気質の私は

父の体調とかリハビリなどが
ある程度は落ち着いてからに
して欲しいかも
というのを、
言葉の節々から察する訳です。

実家を出てから40年以上
私は滅多なことでは帰省しませんし
実家の両親も弟夫婦も
私が帰省すれば私に気を使う

まあ、当たり前の話で、
私が18歳まで住んでいた家ではなく
新しく建て替えられたお家なわけで
私が実家に帰っても
何が何処に有るのかすらわからない

まあ、家を出た娘とか・・・
時と距離が離れすぎると

親子だろうがなんだろうが
気を使い合うから
疲れる存在になるのよ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3004208994132446"
data-ad-slot="5360990163">


田舎の田園風景 3


私と息子の距離も
そんな感じかも

息子に対しては、
私が気を使いすぎてるだけかもで

何ていうかな、
姑に苦労させられすぎた私は
あんな思いを嫁にさせたくはないし
嫁に、私の愚痴みたいなのを
息子に言われたくしたく無いから

息子夫婦の事には賛成はしても
干渉したくは無かったし
嫁のことを知ろうと思わなかった

嫁のことを
知らないほうが良い
私はそう思ったから、
そうしただけ。

嫁の事を知ってしまえば、
多少は不満が出るかも知れないし
それが私の心に溜まるのが嫌だった

私は、
嫌な思いを持ちたくはなかったから
嫁の事を
何も知らないほうが良いと思った。

息子が選んだ人だから
私は息子のことを信じただけ

今は、それでよかったと
私は思ってます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ 

ランキングに参加しています
ブログを書く励みになるので
よろしければ応援してくださいね。


NANTONAKU 手描き間仕切りカーテンは四重構造です 1

キッチン側は水玉柄
部屋側は北欧風手描き柄

完成した北欧柄のカーテンは
4枚重ねで重いのです

関連記事

該当の記事は見つかりませんでした。

 

ひとり 人生最終期に思ふ ”あうん”

あうん 阿吽
阿(あ)は口を開いて最初に出す音
吽(うん)は口を閉じて出す最後の音

そこから、宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされたり
対となる物を表す用語としても使用されたり
色々な使われ方をしてそうです。

すべての事柄には始まりが有り
終りが来るという意味合いの様です。

阿吽(あうん)の語源の元はインドのようで、
”宇宙”と壮大な表記をしている様だけど
私は、”あうん”を、ただの始まりと終わり
という意味合いで使うことにしてみました。

人の一生も阿吽